ホワイトデーのお返しに悩むあなたへ【男性編】(3)義理チョコへのスマートな対応

2017年02月22日
Pocket

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

ホワイトデーのお返しに悩むあなたへ【男性編】

(3)義理チョコへのスマートな対応

今回は、バレンタインデーにいただいた明らかな「義理チョコ」へのスマートな対応をご紹介いたします。

ありがちな4つの状況を例に挙げ,それぞれの対策をまとめてみました。

【CASE 1】小さな一粒チョコレートをもらった場合

職場ではこんなケースも多いかもしれません。

例えば、キッ●カットやチ●ルチョコなど、一粒サイズのチョコレートや個別包装の小さなお菓子を全員に万遍なく配ってくれる女性もいることでしょう。

バレンタインデーだから、ということで周りの男性陣に気を遣って用意してくれたのかもしれませんね。

この場合は、あなたも同じように個別包装の小さなお菓子を用意すると良いでしょう。

「いつもお疲れ様です」という気持ちを込めて、万遍なくお渡しできると良いですね。

周りの方々(同僚など)と相談してから予算を決めて、共同で品物を用意するのもひとつの方法です。

皆で用意した場合は、「男性陣一同」などとメモ書きを加えておくと良いでしょう。

ちょっとした気遣いには、さりげなく心を込めてお返しする、というのがポイントです。

 

【CASE 2】ラッピング済みのチョコレートをもらった場合

人数の少ない職場では、一人一人にラッピング済みのチョコレート(やお菓子)を用意してくれる女性もいるかもしれません。

「いつもお世話になっています」という気持ちで、きちんと用意してくださったのかもしれません。

その場合は、同じぐらいのグレードのものをお店で購入し、プレゼントすると良いですね。

買うものに迷ったときは、お店の方に予算を伝えて相談してみると良いでしょう。

 

【CASE 3】手作りのお菓子をもらった場合

この場合も、【CASE 2】でご紹介した対応で良いかと思います。

手作りをいただいたからといって、手作りで返す必要はありません。

義理チョコへの御礼は、あくまでも無難なお返し、ということを意識してみましょう。

 

【CASE 4】お菓子と一緒にプレゼントをもらった場合

この場合は、小さなプレゼントつきのチョコレートやお菓子を用意すると良いかもしれません。

店頭に行けば、小さなぬいぐるみ付きのお菓子、マグカップにお菓子が入った商品、ハンカチとセットになった商品、などがお手頃な価格でたくさん並んでいます。

予算を決めて、奇抜すぎない可愛らしいものをお返ししてみましょう。

 

サラッと返す、が義理チョコへのお返しの基本になります。

負担にならない程度に検討されると良いかもしれませんね。

いただいたからには、何も用意しない、というよりは少しでも御礼をした方がスマートな対応と言えそうです

 

楽しいイベントはこちら

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから