交際しても長続きしない原因は?【男性編】(1)会話の仕方を見直してみませんか?

2017年06月09日
Pocket

交際しても長続きしない…こんな悩みを抱えている方は実はたくさんおられるのですよ。

今回は、交際が長続きしない原因について考えながら、男性編、女性編に分けて「長続きさせるための解決策」を学んでみましょう!ぜひお読みくださいね!

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

交際しても長続きしない原因は?【男性編】

1)会話の仕方を見直してみませんか?

「交際しても長続きしない原因」についての【男性編】、第1回目です。

交際しても長続きしない原因の一つに「話し方」というポイントを挙げることができます。

 

話が続かない…あるいは沈黙が苦痛に感じる…こんな状況ですと、一緒にいても物足りない感じがしたり、相性が合わないな…と感じたりすることがあるかもしれません。

今までのお付き合いを振り返って、何か思い出されたことはないでしょうか?

「いや、自分はちゃんと真剣に話をしています!」

「そんなはずないです!」

「話が盛り上がらないとしても、それは自分だけのせいではないと思う…」

こんな声も聞こえてきそうですね。でも、少し冷静になって一緒に考えてみましょう。

 

  • あなたが真剣に話をしていても、お相手の女性が退屈そうにしていたことがあった…
  • 真面目に一生懸命に話をしているのに、何だか失礼な態度をされた気がした…
  • 予想外の反応ばかり返ってきて腹が立ってしまった…

こんなことはありませんでしたか?

 

育ってきた環境が違う大人の二人が出会うのですから、当然、「何かが違うな…」と感じてしまうこともあります。

あなたとお相手との相性が、あまり良くなかった…という可能性も否定できません。

どんなに好きでも、お互いを想い合っていても、残念ながら「何かが違う」と感じる瞬間は訪れることがあるのです。その場合は「新たな出会い」に目を向ける方が賢明ですね。

しかし、今日は改めてここで考えていただきたいことがあります。

それはあなた自身の普段の「話し方」についてです。

 

あくまでも一般的な話ですが、女性は「自分の話を聞いてほしい」と考える傾向が強いと言われています。

何か問題が起きたり、愚痴を言いたくなったりしたときに、ただうなずいて「そうなんだね。大変だったね。」と言って欲しい…側で「辛かったね。頑張ったね。」と慰めて欲しい…と感じていることが多いのです。

一方で男性は、問題解決に使命感を持つ傾向が強いようです。

お相手が何か困っている様子だったり、何かを相談された時、あなたはどうしますか?

「こうした方がいいよ!」

「この方が効率的だと思う。」

「よく考えてみると、君にも問題があったんだよ。」

「もっとこんな風にしてみたらどうだろう?」

こんな風に、一生懸命にアドバイスをしてしまうことはないでしょうか?

女性側の求めていることと、男性側が良かれと思って伝えること。

2つに微妙な違いがあることに気づいていただけたでしょうか?

「話し方」について、これから少し注意してみてください。

相手の表情を見て「何を求めているのか」気づけるように意識するのも良いですね。

  • ご予約はこちらから