将来を考えたお付き合いで意識したいこと(1)細かすぎることでも正直に話し合う

2017年03月02日
Pocket

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

今回は男性にとっても女性にとっても大切な「結婚」や「信頼関係」についてのアドバイスをまとめました。
結婚前の関係をよりよくしておくことで、結婚後も笑顔いっぱいの幸せな毎日を過ごせます。
ぜひお読みくださいね!

将来を考えたお付き合いで意識したいこと

(1)細かすぎることでも正直に話し合う

将来を考えたお付き合いをしていく中で、どうしても避けられない問題が出てくることがあります。

そのような問題を解決するためには、正直に話し合うことが必要です。

 

 

●結婚後、お互いに仕事を続けるかどうか

●どちらかの親と同居する可能性について

●子供を持つか、持たないか(持つ場合はいつ頃か)

●家を買うか、賃貸に住み続けるか

●どちらの姓を名乗るか

●借金はあるかどうか

●婚歴はあるかどうか

 

ざっと挙げただけでも、たくさんの確認したい事柄が出てくるかもしれませんね。

「どうしても結婚したい!」とか「これが最後のチャンスかもしれない!」というような焦った気持ちで話し合いをしても、自分の本当の気持ちを伝えることはできません。

 

相手に嫌われたくないという想いが強すぎてしまうと、相手の反応を見ながら相手が喜ぶような答えを言ってしまうことがあります。

 

そうすると、二人で話し合ったとしても、あなたの心の中にはモヤモヤとした感情だけが残ってしまうのです。

あなたが男性であれば、「絶対に同居は嫌なの!いいよね?」と相手女性から言われてしまったときに、「両親の年齢もあるし将来的には同居したいな…」と思っていたとしても、なかなか言い出せなくなってしまうかもしれません。

その結果、「そうだよね!そうしよう!」と無理をして答えてしまうかもしれません。

また、あなたが女性であれば、「結婚したら仕事は辞めて家庭のことを優先させてほしいんだよね。

それでいいよね?」と相手男性から言われてしまったとき、本当は「自分のキャリアも維持しながら結婚生活を充実させたい」と思っていたとしても「うん、分かった。結婚を機に仕事は辞める方向で調整するね。」と答えてしまうかもしれません。

 

相手の一方的な要求を全て受け入れることは「話し合い」とは言えません。

あなたの気持ちもきちんと伝え相手の話もしっかりと聞く。

その上で結論を出していく、のが話し合いです。

 

細かいことだとしても、相手に無理に合わせるような状況が続いてしまいますと、だんだんと疲れや不満が溜まります。

結婚後にその疲れがとてつもなく大きくなってしまうと、どうなるでしょうか?

身体を壊したり、精神的に限界になったり、最終的には別れを選ばなくてはいけなくなることも時にはあるかもしれません。

正直な話し合いを心がけたいものですね。

 

 

真剣にご結婚を考えている方は

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから