結婚前に確認しておいた方が良いこと(3)友人との付き合い方

2016年05月12日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚前に確認しておいた方が良いこと

(3)友人との付き合い方

3回目の今回は、「友人との付き合い方」についてまとめていきます。

 

友人との集まりが普段から多い方や、友人と同じ趣味を長年楽しんでおられる方に、特に注意していただきたいことでもあります。

 

結婚前は、休日に泊りがけで出かけたり、友人たちと朝まで遊んだり、何も遠慮せずに楽しんでいたかもしれません。

しかし、結婚した後は共に暮らす配偶者への配慮として、自分の予定を話しておく、あるいは自分がしたいと思うことへの理解を求めなくてはいけない場合もあります。

お互いに自由に、それぞれ好きにしましょう、と決めているお二人なら良いかもしれませんが、それには事前にお互いの考え方を確認し、理解を深めておく必要もあります。

 

自分の休みの時間は自分の好きなようにしたい、と感じる方もおられるかもしれません。

しかし、結婚したお相手が一人であなたの帰りを待って寂しい想いをしているとしたら…それには少し配慮が必要ですね。

 

これは実際に、結婚後の友人との付き合い方で夫婦関係に問題が生じてしまった、あるご夫婦の例です。

お付き合いしているときから大変仲が良く、結婚後もとても幸せそうなお二人でした。

しかし、ご主人はあるスポーツチームの応援に熱中していたようで、しばしば奥様を置いて遠くまで泊りがけで応援に行ってしまうことが続いていました。

お仕事も大変お忙しい方で長期出張のために家を空けることも多かったため、奥様の方は平日も休日もほとんどずっと一人で過ごすという日々が2年、3年と続いていきました。

そのうちに、奥様の我慢は限界に達してしまい、残念ながらお二人は別々の道を歩まれることになりました。

趣味に対する考え方が、結婚後に大きな問題となってしまった悲しい例でした。

自分の趣味を相手に理解してもらうこと、相手の趣味を理解すること、この点が解決していれば、このお二人の状況は変わったのかもしれません。

それほど細かなルールを決める必要はありませんが、例えば異性の友人と二人で出かけるというようなことは、たとえ友達であっても事前に相談しておく方が賢明ですね。

ただの友達だから、と自分では納得していたとしても、夫婦間で共通の理解が得られていなければ後々問題になります。

 

結婚後の友人との付き合い方は、結婚前に話し合っておいた方が良い点と言えるでしょう。

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから