素直になるコツ(3)周りに合わせすぎない

2016年07月23日
Pocket

 婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

素直になるコツ

(3)周りに合わせすぎない

3回目は「周りに合わせすぎない」というものです。

 

男性が思う理想の交際相手の姿として、

「自分の意見を持っている」

「しっかりした考えを持っている」

ということを挙げる方も多いようですが、

これはやはり「素直さ」とも関係しています。

 

何を考えているのか、どう感じているのかが

分かりやすいので、安心してお付き合いが

できると感じるそうです。

 

 

これは男女問わず、言えることかもしれませんね。

もしも、あなたの彼が「別に何でもいいよ」ばかり

言っている方だとしたら、何となく物足りなく

思うかもしれません。

 

自分の意見を主張しすぎてしまうと頑固さの方が

際立ってしまうので、少し注意が必要です。

 

しかし、自分がしっかりある人というのは、

大人の女性としてとても魅力的です。

 

自分の感情に素直な女性は、生き生きとして

明るく輝いて見えるからです。

 

我慢していると暗い表情になってしまいますが、

自分らしさが出せていると、自然と笑顔で

毎日過ごせるようになります。

 

「周りに合わせすぎない」ために、

まずは、自分の考えをしっかり整理して

おくことが大切です。

 

自分の考えが定まっていないと、

意見を求められたときにも「何でもいいよ」

「好きにしていいよ」「私はどっちでも平気」

と答えることが多くなってしまうからです。

 

デート中に彼から「今日は何食べたい?」

と聞かれたとき、「何でもいいよ」

「あなたの好きなものでいいよ」

と答えてしまうことはありませんか。

 

実は、このお返事をしてしまうと、

男性を困らせてしまうことをご存じでしょうか。

 

何でも…と言われると、

「何でもいいとは言うけれど…食堂じゃ怒るよな…」

「だったらいつものラーメン屋がいいけど…

さすがにデートでは…」というように、色々と悩んで

しまう男性も多いようです。

 

どうしてもすぐに思いつかないときは、

「私が行きたいところでいいの?」と

聞いて考える時間を作ることもできますし、

「ちょっとすぐに思いつかないのだけど…

この近くのお店を調べてもいい?」と

正直に言ってしまうのも良いかもしれませんね。

 

必要以上に相手の意見に同調する癖がついてしまうと、

全て相手に任せるスタイルになってしまいます。

 

そうしますと、段々と自分の意見を言う

タイミングを忘れてしまうようになります。

 

「あなたらしさ=素直さ」を引き出すためには、

適度な自己主張も必要です。

 

ほんの少し、勇気を出してみませんか?

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから