喧嘩になったときの注意点(5)勝ち負けはない=謝る

2016年05月30日
Pocket

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩になったときの注意点

(5)勝ち負けはない=謝る

喧嘩になったときの最後の注意点をご紹介します。

今回は「勝ち負けは無い=謝る」というものです。

 

 

喧嘩になった途端に謝るということではありません。

 

よく話し合いをして、両方とも謝る、というのが理想の喧嘩の終わり方です。

 

喧嘩になるからには、お互いに理由があります。

実際の引き金を引いた側、それに乗った側。

どちらも言い過ぎたり、ひどい態度をしてしまったり、お互いの対応に問題があったことでしょう。

 

気持ちを吐き出して、しっかり話し合った後で、「さっきは言い過ぎた」「さっきはごめんね」と気持ちを交換できれば、そこで二人の絆はさらに強まります。

 

喧嘩になったり、気まずくなったときのために、予め二人の「仲直りルール」のようなものを決めておくのもオススメです。

・二人とも同時に謝る

・仲直りのハグをする

・二人の好きなお菓子を買う

 

あまり負担にならずにできる簡単なことを、二人の中だけの習慣として決めておくと、ちょっとした喧嘩になったときに自然とすぐに仲直りができます。

 

喧嘩は勝負ではありません。勝ち負けを気にせずに、自然に謝ることができるように、日頃から意識していきたいですね。

頭に来ているときは「謝る」という行為が意外とハードルが高いものですよね。

ちょっとした心がけですが「喧嘩になったらお互い謝る」と心がけておくだけで、気まずい空気が長く続くことを避けられます。

お互いに謝りやすい空気を作ることが大切です。

素直な気持ちになることができれば、言い争いを続けたり、捨て台詞を吐いたまま何週間も会話をしない、というような事態は避けられることでしょう。

一番大切なのは相手への思いやりです。喧嘩になったときこそ、相手を大切に思う気持ちを思い出してみましょう。

 

 

楽しいイベントはこちら

 素敵な恋愛がしたい方へ

  • ご予約はこちらから