彼をがっかりさせてしまう口癖(5)もう好きじゃないの?

2016年07月15日
Pocket

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

彼をがっかりさせてしまう口癖

(5)もう好きじゃないの?

最後の5回目は、「もう好きじゃないの?」と

いうフレーズを考えてみましょう。

 

○好きと言われる回数が減った

○二人で出かけても会話がない

○友人とばかり遊んでいる

○メールの返信が遅くなった

 

ちょっと悲しくなってしまうような状況を一覧にしてみました。

これだけ見ると、もう二人の関係が冷え切っているのではないか…と

思う方もおられることでしょう。

 

 

しかし、そう結論づけるのは少し早いかもしれません。

付き合いが長くなるにつれて、どのカップルにも

起こりそうなことでもあるからです。

 

長い間一緒にいると、二人でいる時間が当たり前になり、

その心地よさに甘えてしまうことがあります。

「言わなくても分かる」という感覚がお互いに増えていくと、

会話も少しずつ減っていくかもしれません。

 

「好きじゃないんでしょ?」という言葉の裏には、

「好きって言ってよ!」という相手への要求が隠されています。

 

このために、言われた側にとしては非常に重苦しい印象を持つようです。

「そんなことない」と言わなければならない義務感から

「好きだよ」と言ってもらえたとしても…何だかあまり嬉しくありませんし、

なかなか満足もできませんよね。

 

「もう私のこと好きじゃないのかも…?」と不安に思ったときには、

まず、あなたから「好き」と伝えてみましょう。

最初は少し抵抗があるかもしれませんが、言い始めると毎日でも、

自然に言えるようになります。

「好き」と伝えた後に彼が照れているのであれば、

それは「好き」と返してくれたのと同じことです。

 

相手のちょっとした反応に注目して、

あなたへの気持ちを間接的に感じ取れるようにもなります。

 

気持ちを試すような発言を繰り返すよりも、

あなたから気持ちを伝える方が幸せな気持ちでいられます。

そうすることで、お二人の関係を良くすることができるかもしれません。

 

 

今回までの5回で「彼をがっかりさせてしまう口癖」をご紹介してきました。

どの口癖もネガティブ思考をどんどん生み出してしまう表現でした。

言わないように意識を向けるだけでも、物事への考え方をポジティブに

変えることができそうです。

 

暗い表情よりも明るい表情の方が毎日楽しく過ごせますね。

明るい表情には、たくさんの幸せがやってくるはずです

 

 

  • ご予約はこちらから