結婚前に確認しておいた方が良いこと(4)相手の親(または親戚)との関わり方

2016年05月13日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚前に確認しておいた方が良いこと

(4)相手の親(または親戚)との関わり方

4回目の今回は、「相手の親(または親戚)との関わり方」についてまとめていきます。

 

親戚で毎年決まった時期に集まるご家庭はあるでしょうか。

 

長年続いている家族や親戚との集まりは、結婚しても参加する必要があるかもしれません。

 

もしもそのような集まりがあると事前に分かっているのであれば、結婚するお相手にきちんと話しておけると良いですね。

家族や親戚との付き合い方を予め話し合っておくことで、結婚後のトラブルを回避できます。

 

自分の家族や親戚との集まりであれば、小さいときからの習慣にもなっているでしょうし、その場にいてもストレスはあまり無いかもしれません。

 

しかし、結婚したお相手にとっては、全く血の繋がりのない方々との集まりですので、多少なりとも緊張したりストレスを感じたりする場でもあることを忘れないようにしましょう。

 

○○の旦那さん、○○の奥さん、と呼ばれると責任が伴うような気持ちになります。

自分の結婚相手が、周りから評価されるような気持ちになることもあるからです。

 

以下によくありそうな表現を幾つかまとめてみます。

「○○の奥さん(または旦那さん)は良く気がつくね」

「○○は素敵なお嫁さん(またはお婿さん)をもらったね」

「○○の奥さん(または旦那さん)は天然で可愛らしいね」

「○○は随分、個性的な人が好きなんだね」

 

最初の二つは褒め言葉かもしれませんが、残りの二つは微妙なラインですね。

小さい頃からの親戚は、何の遠慮もせずに上記のように率直な感想をあなたに伝えるかもしれません。

しかし、それを聞いたあなたのお相手は良い評価でも悪い評価でも、素直に受け取ることはできないかもしれないのです。その場合にはフォローも必要ですね。

 

家族や親戚との集まりは、自分にとっては普通のことかもしれませんが、結婚したお相手にとってはお披露目会のような意味合いが強くなります。

あなたが思う以上に緊張する場でもあります。

 

このことを事前に理解しておくだけでも、相手に対して思いやりのある言動ができることでしょう。

結婚後の家族や親戚との付き合いかたについては、ある程度相手に話しておいたり、相手の考えを聞いておいたりする必要があるかもしれませんね。

 

楽しいイベントはこちら

  • ご予約はこちらから