結婚前に確認しておいた方が良いこと(1)食事の時間の過ごし方

2016年05月10日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚前に確認しておいた方が良いこと

(1)食事の時間の過ごし方

今回は「食事の時間の過ごし方」についてご紹介します。

お互いに仕事の準備をしたり、自分の時間を過ごしたり、同じ家の中にいてもそれぞれ自分のことをしている時間が長いかもしれませんね。

もしも「食事の時間は一緒に過ごす」と前もって決めたのであれば、生活を共にする中で最も長い時間を占めるのは、もしかすると「食事」の時間になるのかもしれません。

毎日20分~30分の食事の時間が、朝と夜の2回あるとすれば、一日のトータルでは1時間になります。

一週間で考えれば、毎週7時間はずっと一緒に、お互い同じ場所で同じことをして過ごすことになります。

これを積み重ねていくと、とても長い時間になります。

だからこそ、「共に食卓を囲む」時間はコミュニケーションを取る大切な時間にもなります。

仕事の付き合いなどで、一緒に食事ができないこともあるかもしれません。

そのような時はお互い柔軟に理解を示せると良いですね。

相手を責めたりしないように心に決めておきましょう。

 

共働きのご夫婦の場合、食事を当番制にしているご家庭もありますし、女性側が家事を基本的に行うと決めたご家庭もあります。

お仕事をしながら食事の支度をすることは、色々と負担もあるものです。

食材の買い出しや家の中の在庫管理なども含めて、食事の用意に関連する作業は、意外と重労働と言えるような部分も多いのです。

 

何か緊急の用事ができてしまい、夕飯を一緒に食べられない日もあるかもしれません。

そのような時には、お互いにきちんと連絡できると良いですね。

  • せっかく夕飯を準備して待っていたのに、外で食べてきたと言われた…
  • 夕飯を外で一緒に食べる約束だったのに、忘れられてしまった…

上記のような理由で喧嘩になるご夫婦は多いのです。

昔と違って、今は誰でもすぐに連絡できる方法を持っていますので、「ちょっとだから」とか「後で連絡すれば」という意識は捨てておきましょう。

予定が変わった時点で連絡をしておくと安心です。

予定が変わった時には、「約束したのに!」と相手を責めないようにしましょう。

結婚前にある程度、こんな時はどうするか、とシミュレーションをしておくと良いですよ。

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は

  • ご予約はこちらから