家事の手伝いをしてくれない彼(夫)に腹が立つ

2016年03月21日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

家事の手伝いをしてくれない彼(夫)に腹が立つ

 

家事の分担については同棲中や結婚生活における、大きな問題のひとつかもしれません。

 

最近では女性も男性も同じように外で働くスタイルが増えていますので、家事は女性の仕事、という考え方は大昔のようにも感じます。

 

しかし、実際には女性の方が負担する割合が多いかもしれません。

家事をこなしながら仕事も継続するのは本当に大変なことですね。

 

しかし、女性目線だからこそ色々なことに気づき、効率よく家事をこなすことができるのも事実です。

何かお手伝いをしてほしいと思ったときは、「察してほしい」「感じ取って手伝ってほしい」と思うのを、まず止めてみましょう。

 

何から手伝ったら良いのか分からないという男性は非常に多いのです。

 

手伝いたくないのではなく、どうしたら良いか分からない…自分がやってもちゃんとできないから怒られてしまうかも…実はこんな風に悩んでおられる男性もいるのです。

例えば、「ご飯を炊いておいてくれる?」と頼んだとします。

炊飯器を使うだけなので、快く引き受けてくれそうな比較的簡単な家事ですね。

実は、ここに落とし穴があります。

・何合炊くのか

・水加減はどのくらいか

伝えていませんね…。

あなたが普段していることは工夫に溢れています。

 

ですから、マニュアルのような細かな指示が無ければ同じようにできません。

しかし事細かに伝えるのもあまりスマートではありません。

 

多少いつもと水加減が違っても、多少いつもより炊いたお米が多くても、「ありがとう」と言うことが大切です。

 

「何でこんなになっちゃったの?」と言ってしまったら最後、もう二度と手伝わない!と怒ってしまうことでしょう。

大切なのは感謝の気持ちです。

「ありがとう」は魔法の言葉です。

相手が失敗したとしても、そのことを追及せずに、「疲れているのに家のこともしてくれてありがとう」と伝えると状況が改善していきますよ。

 

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

  • ご予約はこちらから