結婚したい気持ちと向き合う(3)結婚によって経験する「不便さ」

2016年05月21日
Pocket

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚したい気持ちと向き合う

3)結婚によって経験する「不便さ」

 

今回は3回目の内容です。結婚後の「不便さ」という点に注目して少し考えていきましょう。

 

不便という言葉は少し強いので、表現としてはあまり適切ではないかもしれません。

しかし、結婚を機に、自分のそれまでの生活が大きく変わることは覚悟しておかなくてはいけません。

 

朝ごはんを食べずに長年暮らしてきた方、仕事の帰りにコンビニでご飯を買うのが日課になっていた方、職場の人や友人たちと外でご飯を食べることが習慣になっていた方。

独身時代は誰にでも当てはまる習慣です。

 

しかし、結婚後はこのような習慣が変わっていく可能性もあります。

お相手が朝ごはんを食べる習慣の場合、同じだけ食べなくても、一緒に朝の時間を過ごすようになるかもしれません。

いつもより早く支度を済ませご飯を用意して、お互いのスケジュールを確認する時間を取ることもできます。

 

家族が増えた場合はどうでしょうか。

お子さんと一緒にご飯を食べることが難しくても、お子さんの食べるご飯の支度をする必要があります。

お子さんが学校に通うようになれば、朝食を食べさせずに送り出す、ということは学校からも注意されてしまうかもしれません。

ご家庭の習慣や個人の体質もありますので、何が正解ということはありませんが、一人で暮らしていたときとは違う習慣が、結婚後の家庭の習慣として作られていくことでしょう。

 

結婚をすることによって、自分の生活は大きく変わるかもしれませんが、それをプラスに捉えるかマイナスに捉えるかは、考え方次第で幾らでも変化させることができます。

 

最初は確かに大変かもしれません。毎日のペースが変わることは、特に辛い場合もあるでしょう。

しかし、それによって得られるものもあります。

一人でいたときには得られなかった感覚や、温かい雰囲気、毎日の会話など、結婚することで得られることは沢山あるのです。

 

色々な角度から結婚について考えることによって、婚活をスタートさせる前に、覚悟を決めることができますね。

良い面に注目することができれば、結婚することによって生じる「不便さ」はほとんど無いと考えることもできます。

「不便さ」についてじっくり考えることで、覚悟を決めることができます。

婚活を始める前には結婚に向けての心構えとして、自分の生活が大きく変わる可能性についても意識しておきたいですね。

 

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから