喧嘩になったときの注意点(1)相手を否定しない

2016年05月25日
Pocket

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

喧嘩になったときの注意点

1)相手を否定しない

ちょっとした言葉の言い間違いなどから喧嘩になってしまうことがありませんか?

恋愛期間中や結婚生活の中で、喧嘩になってしまったときに注意したい点を、ご紹介していきたいと思います。

 

1回目は「相手を否定しない」という注意点です。

喧嘩になると、どうしても相手を責めたい気持ちになることがありますよね。

自分は悪くないのに…相手がおかしいのに…

しかし、このような感情をむき出しにしたまま相手に接してしまいますと、ほんの些細な喧嘩が取り返しのつかない大きな喧嘩になってしまうことがあります。

ちょっとした口喧嘩からお互いを数カ月無視するようになり、最終的には別々の道を歩むことになったカップルにお会いしたことがありました。

とても仲の良いお二人でしたが、喧嘩の原因を二人で考え、共に解決するような努力ができなかったそうです。

お付き合いをする中で、また一緒に生活する中ではお互いに間違うこともあるかもしれません。

相手が悪いと思えるようなときもあることでしょう。

とはいえ、そのようなときに「私は正しい。あなたは間違っている!」とストレートに伝えるのは、少し我慢したいですね。

 

 

「自分は悪くない」と思う気持ちを一度忘れて、冷静さを取り戻してみましょう。

喧嘩になった原因を考えて、落ち着いて話し合う努力を重ねてみましょう。

最初はとても話し合えるような雰囲気ではないかもしれません。

しかし「相手を否定せず」、喧嘩の原因を丁寧に二人で探ることで、事態は必ず良い方向に向かっていきます。

喧嘩をしているときであっても、大切なのは相手を想う気持ちです。
思いやりの心を忘れずに話し合うことができれば、必ず仲直りすることができます。

もしも相手が話し合いを受け入れられない状態であれば、その時はあなたの方から歩み寄ることができますね。

「さっきは言い過ぎたけど、きちんと仲直りしよう」この一言で話し合いの糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

 

 

  • ご予約はこちらから