③【女性編】プレゼントの価値は金額ではなく「相手への想い」

2016年12月23日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

クリスマスまで後わずか…!お相手がいる方もいない方も何だかソワソワする季節がやってきましたね。

今回は女性に向けて「クリスマス」の過ごし方や振る舞い方をテーマに5記事ご紹介していきます。

 

 

③【女性編】プレゼントの価値は金額ではなく「相手への想い」

今回はお相手がいる女性に向けた「プレゼント」がテーマの記事です。

 

クリスマスの時期になると、彼にどんなプレゼントをしようか。

彼からはどんなプレゼントをもらえるか。ワクワクするかもしれませんね。

そんな楽しい時期でもありますが、クリスマスプレゼントの話題になると毎年気になる発言を耳にすることがあります。

それはプレゼントの値段についての話題です。

金額が高い方が愛情が深いと思ってしまう方が意外と多いようです。

 

今回は例を挙げて考えていきましょう。まずは以下の文をご覧ください。

Aさんは3万円のネックレスをもらいました。

Bさんは5万円のバッグをもらいました。

Cさんは1万円のストールをもらいました。

 

「Aさん、Bさん、Cさん、の3人のうちだれが一番幸せでしょうか?」

 

こんな質問をされたら、あなたはどのように答えますか?

 

値段の高い品物をもらったBさんが一番幸せと思うでしょうか?

 

このお話には実は続きがあります。

以下をお読みください。

 

Aさんは金属アレルギーだったので、もらったネックレスをつけることができず、彼と喧嘩になってしまいました。

Bさんは他に欲しいデザインのバッグがあったので「こんなに高いバッグをくれるなら自分で選びたかった」と言ってしまい、喧嘩になってしまいました。

Cさんは、以前から欲しいと話していたストールをもらったので、それを覚えていてくれた彼に対して感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

いかがでしょうか?

今回の例では、一番幸せそうなのはCさんでしたね。

Aさんは「身に着けられるもの」について彼が把握できていなかったこと、それを伝えていなかったことが喧嘩の原因になってしまいました。

Bさんの場合は、彼がせっかく選んでくれたプレゼントに対して、不用意な発言をしてしまったことが喧嘩の原因でした。

 

プレゼントは値段ではなく「相手への想い」です。

 

身に付けるものであれば本当に使えるものか、必要なものか、ということも重要なポインです。

プレゼント選びは男性にとっても悩みのタネと言われていますので、予めお互いに値段を決めてから必要なものをプレゼントし合うのも良い方法です。

お互いを想いながら素敵なプレゼント交換ができると良いですね。

 

日頃からのコミュニケーション量とプレゼントの満足度は比例するのかもしれません。

 

 

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから