デートで会話を続けるための方法(2)励ましすぎない

2016年04月08日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

デートで会話を続けるための方法

(2)励ましすぎない

デートで会話を続けるための三つ目のポイントは、「励ましすぎない」ことです。

 

毎日頑張っていれば、どうしようもなく落ち込む日もあります。

デート中に、仕事や人間関係の悩みを打ち明けられることもあるかもしれません。

 

そのような時は、相手に元気になってもらおうと思うかもしれませんが、その前に少し落ち着いてみましょう。

 

落ち込む相手が目の前にいると、元気いっぱいに励ましたくなることもあるかもしれませんが、場合によってはそれが逆効果になることもあります。

ただ側にいてくれるだけで良い、と感じていた場合、「そんなことで落ち込まないで!」と言われてしまうとあなたが自分の気持ちに寄り添ってくれているのか、不安に感じてしまいます。

 

気持ちを理解してくれていないと感じさせてしまうと、なかなかその後の会話が続きません。

 

「そんなことがあったんだね。大変だったね。」簡単な言葉だけで良いかもしれません。

 

相手の大変な気持ちを感じ取ろうとするだけでも、あなたの思いやりは十分届きます。

 

相手の様子をよく見て、悩みを聞いて寄り添って欲しいときなのか、それとも元気よく励ましてほしいときなのか、必要とされていることを読み取れるようにしたいですね。

 

会話を続けるということは、相手の状況を感じとり、気持ちを読みとる努力をすることでもあります。

自分の会話スタイルをよく見直してみると良いかもしれません。

 

相手を温かく包み込む気持ちで話せるように、少し意識するだけで、会話の流れは自然と良い方向に変化していきます。

何も言葉が思いつかないときは、ただ優しく、相手を見守りましょう。

それだけでも十分かもしれませんね。

 

楽しいイベントはこちら

素敵な恋愛がしたい方

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから