デートで会話を続けるための方法(1)何でも…をやめてみる

2016年04月07日
Pocket

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

デートで会話を続けるための方法

(1)何でも…をやめてみる

 

あなたはデート中の会話に自信がありますか?

最近、会話が続かないというご相談が多いです。

 

自信がある人もない人も、少し振り返って参考にしていただけたら嬉しいです。

せっかくのデートなのに、お互いに無言の時間が長くなると辛くなってしまいますね。

 

会話を続けるためには幾つかのポイントがあるのをご存知でしたでしょうか。

 

まずは最初の二つをご紹介していきます。

キーワードは「何でも…」をやめること。

まず一つ目は、「何でも相手に合わせない」。

 

相手の言うこと全てに同意する必要はありません。

合わせすぎてしまうと、「本当なのかな?」と相手に不信感を与えてしまう可能性もあります。

 

自分の考えと違うときは、相手の意見を認めた後で自分の意見を言う方が、その後の会話はどんどん広がっていきます。

但し、自分の意見を主張しすぎて相手と言い争いにならないように注意したいですね。

 

自分の知らない話だったときには、無理に知っているふりをしないように気をつけましょう。

 

「良かったらもっと教えてくれる?」と、相手に続きを教えてもらえるようにすれば良いですね。

 

会話を広げるためには、相手から言葉を引き出す工夫が必要です。

 

二つ目は、「何でも助言しない」。

相手の話をきちんと聞いていますか?

 

「どう思う?」と言われてからアドバイスすれば良いのですが…、

大抵の人は先回りして「私ならこう考える」「私ならこうするのに」と言ってしまいます。

 

いきなり助言が始まると、相手は自分の考えや行動を否定されたように感じてしまいますので、その後の会話が続かなくなります。

内容によっては喧嘩してしまうこともあるかもしれません。

 

「アドバイスは求められてから」ということを常に思いに留めておきましょう。

 

素敵な恋愛がしたい方

  • ご予約はこちらから