相談事例

Pocket

結婚前カウンセリング相談事例

恋愛・婚活カウンセリング相談事例

夫婦カウンセリング相談事例

 

【結婚前カウンセリング相談事例】

「結婚しても仕事を続けたいのですが・・・」

私は、仕事にやりがいと誇りを持っているので結婚後も仕事を

続けたいと思っています。

婚活を始めて7ヶ月、「この人なら!」と思える人に出会い、

結婚が決まりました。

自然体でいられる彼は、私の理想のお相手です。

私は、結婚を意識したころから、仕事を続けたい事を

彼に、伝えてきました。

しかし、彼の家庭に入ってほしい気持ちも強く、何度も話し合いをしました。

話し合いを続けていく中で、「本当にこの人でいいのか?」

「こんなに悩むなら、結婚はしない方がいいのではないか!」と何度も悩みました。

でも、初めて「この人なら!」と思える人に出会えたので、二人の歩み寄れるところを確認しながら、結婚を決意したのです。

私は、医療機関に勤務しているので、勤務時間も不規則で、土日もお休みではありません。

女性が結婚後、仕事を続けていくのは誰でも大変かと思いますが、勤務が不規則なうえ、要領が悪い私が仕事と家庭を両立できるのか、今になってとても心配になってきました。

家庭も大事にしたいと思っているので、夜勤や土日勤務のない病院の外来のパートなども考えましたが、将来のことを考えた時、大学病院の方が良いし、ある分野に、とても興味があり勉強してきたので、それを活かすにために、病棟勤務を希望しています。

仕事と家庭を両立する良い方法や、気をつけることはありますか?      (31歳女性・病院勤務)

 

「カウンセリング」

結婚しても仕事を続けていきたいお気持ち、とても素晴らしいですね。

お話を伺うと、仕事を続けたい理由は、経済的な理由より、ご自分の仕事にやりがいや誇りを持っていて、キャリアアップの為でもあるのですね。

話し合いを続けていく中で、「本当にこの人でいいのか?」

「こんなに悩むなら、結婚はしない方がいいのではないか!」

と悩みながらも、結婚を決意した理由の一番は、「好き」だからですね。

大好きな人なら、大変なことも一緒に乗り越えられるのではないでしょうか?

「仕事を理解しようとする気持ちや、家庭に入ってほしい希望があり

ながら、できる限り協力する」と歩み寄ってくれた彼の気持ちを大切にしてください。

「仕事と家庭の両立は大変!」とか「仕事と家庭の両立の難しさ!」ばかりが注目されますが、結婚後仕事を続けるメリットも沢山ありますね。

①夫の収入に依存しないですむ。

②働くことで生き生きした生活になる。

③収入が増え豊かな生活ができる。

④夫や子供に依存しないですむ。

⑤輝いている姿を子供にみせることができる。

⑦社会の一員として働いている喜びや充実感がある。

⑧評価してもらえる場がある。

いかがでしょうか?

仕事と家庭の両立は大変ですが、不可能なことではありませんね。

 

では、どんなコツがあるでしょう。

①事前に、家事の分担を話し合う。

②なるべく、無理のない勤務形態にする。

③妊娠や出産の家族計画等、事前に話し合う。

④少しでも自分の時間を持つ。

⑤協力してくれるご主人に感謝の気持ちを持ち、言葉にする。

どれも、大切ですが、この中でも⑤が一番大切です。

ご主人に感謝の気持ちを伝えれば、輝いているあなたを愛おしく思い、もっともっと協力してくれるようになります。

歯車は、どんどん良い方向へ回転しますね。

「私だって働いているのだから、家事分担は当たり前」

こんな気持ちが少しでもあれば、歯車はすぐに狂い始めます。

先に、感謝してしまう方が、自分にとっては楽になります。

ご主人もあなたも、頑張りすぎないことも大切です。

すべてを完璧にしようせず、できることを頑張ればいいのです。

「その後の変化」

一番幸せな時期ですが、結婚式や新居を決めたりと準備に大変な時期で、少しお疲れのようでした。

一緒に生活していくうえでの価値観の相違があらわになるのも、この時期だという事もわかりはじめたようです。

頑張り過ぎない。

事前に話し合う。

感謝する。

 

これらは難しいことではないし、何よりも「結婚を決めた自分を信じる」と強い気持ちを持てたそうです。

仕事も家庭も自分自身も大切にして、自分らしく輝きたいと明るい笑顔でいっぱいでした。

 

 

【恋愛・婚活カウンセリング相談事例】

「結婚するならこの人・・・と思える人に出会えないのですが・・」

結婚相談所に入会し、お見合やパーティーなど、積極的に婚活しています。

出会いを求めていろいろなイベントにも参加していますが、なかなか理想の相手と出会えません。

私は、次女ですが、姉が結婚して家を出ているので、結婚後も実家の近くに住み、両親の力になりたいと思っています。

実家の近くに住んでくれれば、誰でもいいわけではなく、自分の年齢を考えると、年収も職業も気になります。

誰しもが完璧ではないし、妥協も必要だと思いますが、一生涯のパートナーを妥協することは出来ません。

自分の年齢を考えると、気持ちが焦るばかりです。               (38歳女性・会社員)

 

「カウンセリング」

・理想や夢は沢山あってもいいですが、お相手に望む条件は、あれもこれもと欲張らず、譲れる条件と譲れない条件を見極めるといいですね。

パートナーは、年収、職業、肩書き、学歴、外見などの条件で選ぶものではありません。

たとえ選んだとしても、結婚までには至らないことが多いです。

もし、結婚に至ったとしても、条件で選んだパートナーとの結婚は、もろく、崩壊しやすいですね。

そして、自分の理想を求めるだけでなく、まず、自分がお相手にとって理想の女性になることが大切ではないでしょうか?

かけがえのないパートナーと出会うために、今、何をすべきなのかを決めるには、

あなたがどんな状態にいるかを知ることが大切ですね。

それは、自分をよく知ることで、同じ人生を共有できる人が

どんな人かわかってくるからです。

まず、今の自分を知るということ、そして、今しなくてはならいことを確認してみるといいですよ。

そして、自分が変わると、出会うお相手も変わってきます。

少し、きつい言い方ですが、条件ばかりを求めている人には、女性の年齢や容姿の条件ばかりを求めている人に出会うことになります。

自分の条件を振り払った時、出会うお相手も変わってくるのです。

ご両親のことを大切に思われるのは、とても素晴らしいし、心配なお気持ちもよくわかります。

でも、ご両親のお気持ちはどうでしょうか?

子供が幸せになることが、親の一番の幸せなので、自分たちの為に、娘の婚期を逃してしまうのを心から悲しみます。

親と一緒にいてあげることが親孝行ではなく、離れていても、子供の幸せが親の幸せだということです。

時間とともに状況は変わってくるので、その都度、夫や周囲の方と相談すれば、解決できることは沢山あるはず。

条件は、歩みよる気持ちやお互いを支え合う気持ちがあれば、解決できるものです。

「その後の変化」

お相手に望む条件を整理することで、自分の幸せに必要なものが見え始めたようです。

ダイエットに挑戦したり、お料理教室に通いはじめ、自分の知性を磨くようになりました。

ご自分から変わろうとする姿に感激したころ、ダイエットの効果も表れ、肌もきれいになりお化粧や洋服も変わってきました。

内からも外からも輝き始めると、行動力も増して、いろいろなことに前向きになりました。

すごい変化に私もうっとりです。

おしゃれにも気を使ってくると、話し方などにも変化が出て、素敵な笑顔を沢山見せてくれるようになったのです。

こうして、自分を変えることに気が付いてから、二ヶ月後、今のご主人と出会ったのです。

4ヶ月の交際を経てのご成婚です。 結局、ご結婚したお相手は、二人兄弟のご長男でしたが、将来奥様の家に

住まわれるとのこと。

こんな結果になるなんて、私も驚きました。本当に素敵な出会いですね。

もし、条件ばかりで、お相手探しをしていたなら、こんな素敵な出会いは無かったはずです。

自分で掴んだ幸せは、どんな宝石より輝いていますね。

 

【夫婦カウンセリング相談事例】

「好きで結婚したのにケンカが絶えない」

二年間の交際を経て結婚しました。

結婚三年目の30代の夫婦です。

交際中は、お互いに嫌なところはなかったのですが、結婚してから、些細なことでケンカが絶えません。

恋愛中は気にならなかったのですが、無神経な言動に度々傷つきます。

私の話は、右から左といった感じで、真剣に聞いてくれません。

そんな主人に余計腹が立ってしまい、文句ばかりを言ってしまいます。

私が、どんなにイライラしても、主人は至って冷静で「これ以上、話しても意味がない」と無視されてしまいます。

私も言い過ぎたことに反省して、歩み寄ろうとしますが無視されてしまうので、私の心も閉ざされてしまい、どのように主人に接していけばいいのかわかりません。

結婚を決めたころのように、二人の気持ちを戻すにはどうしたらいいでしょうか?   (34歳女性・パート)

「カウンセリング」

ケンカの原因は、些細なことのようですね。

もしかしたら、一方的に理想の相手を作り上げてはいませんか?

実は、私もそんなことが度々ありました。

男性と女性は思考が違うのに、自分だけのものさしで計ってしまい、自分の思い通りにならないと、「私の期待に応えてくれない!」

と言って、不満の毎日を送っていたのです。

では、もし、夫婦ゲンカがなくなったら、あなたの生活はどう変わりますか?

・笑顔で生活できる。

・イライラしないで穏やかになれる。

・「どうして?」「なんで?」の心の葛藤がなくなり相手に優しくなれる。

・夫婦仲がよくなる。

・幸せな結婚生活になる。

そう、こんな結婚生活になれそうですね。

では、どうしたら夫婦ゲンカを少なくできるか?

これは、男性と女性の違いを知ることなんですね。

今まで過ごしてきた環境だけでなく、男性と女性は、身体も違えば思考も違います。

男性が理屈で物事を考えるのに対し、女性は感情で物事を考えます。

こういう男性と女性の違いを知っていれば、相手を理解しやすくなり、誤解も減っていきますね。

そして、根本的な思考が違うので、お互いに尊重し合うように心がけるといいですね。

結婚生活というのは、考え方も環境も違う他人が一緒に暮らしていくわけですから、自分の思い通りになることは、ほとんど無いといってもいいかもしれません。

夫婦はお互いにいろいろなことを望みます。

しかし、残念なことに、どんなに望んでも相手は変わってくれません!

夫婦は、自分の鏡ですから、ご主人に望むことを、自分からやってみると、びっくりするほど変わりますよ。

はじめは、大変かもしれませんが、ご主人を変える一番の近道です!

出会ったころを思い出して、ぜひ、チャレンジしてみてください。

「その後の変化」

ご主人に望むことを、自分からやってみるといわれても、私にはできないと思ったそうです。

しかし、奥様が少しづつ態度を変えていくと、ご主人は期待以上に変わってきたようでした。

今まで自分だけが、イライラしていただけだと思うと、ずいぶん楽になったと話されていました。

そして、イライラしていたところは、ほとんどが「男性と女性の違い」の部分だったようで、ご主人への理解が足りなかったのかと反省するまでになったそうです。

不満なことはまだあるそうですが、「相手に期待するのは、好きな気持ちがあるからね・・」と言われた時は、ドキっとしたそうです。

男性と女性の違いがわかったことで、これから、夫婦のあり方も考えながら、ずっと仲良くしたいとおしゃっていました。

 

 

  • ご予約はこちらから