女性の悩み

結婚前の不安に対処するために(2)言いたいことを言えるか?

2016年08月06日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安に対処するために

(2)言いたいことを言えるか?

 

2回目は「言いたいことを言えるか?」という問いについて考えてみましょう。

言いたいことを言う=何でもわがままを言う、ということではありません。

 

「自分の希望や考えを彼に伝えることができるか」「彼はあなたの話に耳を傾けてくれるか」このような点が重要になります。

 

あなたが自分の考えを伝えても、「俺が全て決める」という態度であなたの気持ちを全く受け止めてくれない場合には、結婚を前提としたお付き合いについて一度冷静に考えてみる必要がありそうです。

お二人の関係を見直すことも必要です。

 

大切なこと、二人で話し合わなくてはいけないことが、結婚直前や結婚後にはたくさん出てきます。

 

二人で新しく人生をスタートさせるということは、たくさんのことを二人で協力しながら手さぐりで進めていくことを意味しています。

 

 

きちんとした「話し合い」ができない関係のまま結婚をしてしまうと、後々とても苦労することがあります。

 

全て彼の判断に従うか。

あるいは、あなたが全て決めることになるかもしれません。

これでは、何かうまくいかなくなったときに、どちらかに責任を押し付けた酷い言い争いになることもあり得ます。

  • 彼ときちんと話し合いの時間を持つことができているか。
  • 言いづらいことでもお互いに冷静に話し合えるか。
  • 互いの意見を尊重できるか。

 

色々と自分自身に問いかけてみると良いかもしれませんね。

話し合いが既にできるお二人であれば、結婚後も、色々な場面で相談しながら物事を進めていけることでしょう。

 

少し改善する必要がある場合には、今からでも遅くありませんので、話し合う努力をしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

結婚式を計画されている方は、特に、色々と話し合わなくてはいけない状況が増えていきます。

 

なかなかお互いの気持ちが分からず、気まずい雰囲気になることもあるかもしれません。

 

しかし、そのような時は「もう少しきちんと話し合いたいんだけど…」あなたから切り出してみましょう。

そうすることで、会話の糸口を見つけることができます。

 

あなたから働きかけても、彼が全く協力的でない場合には、あなたが感じているその不満を、しっかり伝えることも大切です。

思いやりの心を持ちつつ上手に伝えてみましょう。

 

 

プリマリタルカウンセリングはこちら

円満の秘訣(5)相手のものを大切にする

2016年07月01日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

円満の秘訣

(5)相手のものを大切にする

 

5回目は「相手のものを大切にする」という点です。

 

相手のもの、にはどのようなことが含まれるでしょうか。

仕事や趣味は、すぐに思いつくことかもしれませんね。

 

まず、「仕事」から考えてみましょう。

 

仕事は男性にとってのプライドと関係していますので、

「働く自分」の姿に誇りを持っている方はとても多いのです。

仕事を大切にしている方であれば、自分のパートナーにも自分の仕事について

きちんと理解して欲しいと思うことでしょう。

 

相手の仕事に対しても敬意を払うことを忘れてはいけません。

細かい仕事内容は分からなくても、

働いている姿を認めて心から応援することはできますね。

 

次に「趣味」についても考えてみましょう。

 

趣味への情熱が非常に強い方もいらっしゃいます。

そのような方は、あなたと過ごすよりも

趣味の時間を大事にしてしまうときがあるかもしれません。

 

その姿を不満に思うこともあることでしょう。

 

そんな時に、「趣味と私、どっちが大事なの?」

と聞きたくなるかもしれませんが…

ここは我慢が必要です。

 

趣味=自分、と思えるほどに熱中している方の場合、

あなたが幾ら寂しい気持ちを伝えても、

相手の心には全く響かないことがあります。

それは比べる対象が全く別のものだからです。

趣味は大切なもの。

あなたは大切な存在。

それぞれを全く別のものとして捉えているので、

同じように比べることはできません。

 

このような場合、あなたの気持ちを理解することは難しいでしょう。

 

自分も一緒に相手の趣味に挑戦するか、

自分は自分で別の趣味を見つけるか、

このどちらかしかありません。

 

どちらの場合にしても、相手の趣味を否定せずに捉えることがポイントです。

 

どうしても理解できないときは、少し離れて考えてみることも必要かもしれませんが、

相手の趣味を理解することで、彼の新しい一面を知る事ができるメリットについても

忘れないようにしたいですね。

 

最後に、仕事や趣味よりもさらに大切なものがあります。

それは「相手の家族」の存在です。

 

相手の家族とも丁寧な関係を築くことで、あなたは彼にとって、

さらにかけがえのない存在になれるかもしれません。

 

 

相手のご両親やご兄弟を否定するような発言は極力控えたいですね。

結婚相手の条件に「自分の家族を大切にしてくれる」と挙げる方がいるほど、

ここはとても重要です。

 

彼との関係をより充実したものにするためには

彼に関わる全ての物を大切に捉える心がけが大切です。

 

今回までの5回に、様々な「円満の秘訣」が隠れていますので、

少しずつお試しくださいね。

 

お二人が笑顔いっぱいの素敵な関係を築き上げられるようにお祈りしております。

 

 

 

 

楽しいイベントはこちら

自分と同じように感じてくれないことに腹が立つ

2016年03月20日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

自分と同じように感じてくれないことに腹が立つ

 

 

気持ちを理解してくれない彼(あるいは夫)には、がっかり!こんなことを話してくれた友人がたくさんいました。

 

しかし、自分の気持ちを「理解してほしい…」とは一体どういうことなのでしょう。

「相手が自分と同じように感じてくれないと腹が立つ」これに当てはまった方、実は要注意です。

 

相手が聞く時間を取ってくれたにも関わらず「全く分かってない!」、「話してもムダ!」と思うのは、ただのワガママになってしまいます。

 

自分と同じように感じてもらうことは難しいのですから、せめて、耳を傾けてくれたことに感謝し「話を聞いてくれてありがとう」と声に出して相手に伝えてみましょう。

 

気持ちが落ち着いたら「聞いてもらえたおかげで、気持ちが楽になったみたい。ありがとう。」と伝えてみましょう。

 

話を聞くと喜んでもらえると相手も感じるので、あなたの話を真剣に一生懸命聞いてくれるようになります。

 

もしもあなたが「話を聞いてくれて本当に嬉しい」と毎回伝えるように意識できたなら、相手の反応も少しずつ良い方向に変化していく可能性があります。

 

そうしているうちに、「こんな考え方はどうかな?」と何らかの提案をしてくれるかもしれません。

自分と違う考えを持った人からの提案は、ときに状況を大きく好転させることがあります。

 

そのような提案を自分が愛している人がしてくれたなら、これほど心強いものはありませんね。

 

 

自分と同じように感じてくれない、と腹を立てるよりも、相手が側にいてくれることに感謝してみましょう。

 

あなたの意識が変われば、相手の反応も自ずと変わっていくはずですよ。

まずは自分の気持ちから、変化させてみましょう。

 

 

素敵な恋愛がしたい方、理想のパートナーに出会いたい方は

  • ご予約はこちらから