女性の悩み

相手に対するイライラが止まらない理由(4)他の家庭と比較してしまう

2016年11月10日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

4)他の家庭と比較してしまう

 

4回目の今日は「他の家庭と比較してしまう」

という理由を取り上げていきます。

前回と同様に,お二人の間ではなく、

外部からの影響によるイライラの種類です。

 

どんな方でも他の人の生活は気になるものですよね。

自分以外の人がとても幸せそうだと「羨ましいな~」と思いますし,

反対に不幸そうであれば「大変そう~。うちは安心だけど。」

というように他の人の大変さを見て自分の方がマシだと

考えて安心したりしてしまうものです。

 

一度この比較グセが身に付いてしまうと、

どんなことでも比較するようになります。

 

それがネガティブな比較になると,以下のように不満でいっぱいの毎日になってしまうことでしょう。

  • 友達の彼は記念日に必ずお祝いしてくれるのに…!うちは…
  • 友達は豪華な結婚式をしたのに…うちはまだ式すら挙げていない…
  • 友達のご主人は家事を積極的に手伝ってくれるらしいのに…!うちの旦那ときたら…
  • 友達は出産後に職場復帰がスムーズにできたみたい…それなのに私は…
  • 友達の子供はメディアでも話題の塾に通っているみたい…うちにはそんなお金がない…

 

どんなことでも「あの人はあんなに羨ましい生活をしているのに…私はなんで!」と怒ったり、

「あんな風にできない私はダメな人間…」と落ち込んでしまったり。

日々のプラスの出来事にも気づけなくなってしまいます。

 

そして、どうしようもなくイライラしたり落ち込んだときに、

その原因を恋人だったり結婚相手だったりに押し付けて

しまうようになります。

 

「あなたのせいで…!」

「あなたと一緒にいるからこんなに不幸…」

「あなたがちゃんとしてくれないから、私はいつもみじめ…」

 

こんな風にイライラの原因は自分の比較グセにあるにも関わらず、

お相手を責めてしまうのです。

少しでも比較してしまう傾向に気づいたのであれば、

今すぐそのクセを断ち切りましょう!

周りのことは忘れて、お相手がいつもしてくれること、

あなたがいつもお相手に感謝していること、

などプラスの出来事を思い出してみましょう。

 

周りと比較してイライラするよりも、

お相手との絆を深めることにエネルギーを使えると良いですよね。

その方が、二人とも笑顔でいられますし、

家庭の中も温かな雰囲気に包まれるはずです。

ぜひお試しくださいね。

 

相手に対するイライラが止まらない理由(3)他のことでストレスが溜まっている

2016年11月09日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

(3)他のことでストレスが溜まっている

3回目は別の理由を取り上げてみましょう。

あなたとお相手の間で起こる問題ではなく、

外部の要因が関係している場合です。

仕事が忙しすぎるとき、取引先との問題が起こったとき、

上司や同僚、後輩など、職場での人間関係が難しく思えるとき…

様々なストレスを感じることがありますよね。

 

このような時に、ちょっとした出来事であなたの怒りが

沸点に達してしまうことがあります。

それほど大きな問題でなくても、小さな出来事がきっかけとなり、

日頃から抱えていたストレスがその場で全て爆発してしまうのです。

 

感情がコントロールできなくなり、お相手に

八つ当たりしてしまうことがあるかもしれません。

ちょっとしたことなのに

「まったく!!!」

「信じられない!」

「自分で考えて!」

「私のことも気遣ってよ!」

「あなたなんか大嫌い!」

というように、突然強い口調で怒鳴ってしまう方もおられます。

そして大抵、後で後悔しているようです。

 

後から冷静になってみれば、「あんな言い方する必要なかったかも…」

と思うかもしれません。しかし、怒ってしまった以上、

何となくきまりが悪くなって謝れないかもしれませんし、

素直に八つ当たりしてしまったことを認めたくない、

というプライドが邪魔してしまうこともあるかもしれません。

 

もしも「なんであんなに怒ってしまったんだろう?」

「どうしてあそこまで言い合いになったのだろう…?」

と思ったときは、あなたとお相手の関係だけでなく、

他の原因にも目を向けてみましょう。

相手がいつもあなたに対してイライラを

ぶつけてくるときもあるかもしれません。

そんな時は、「最近もしかして忙しい?」と聞いてみたり、

相手を気遣う姿勢を見せることでお相手も

冷静さを取り戻せるかもしれませんね。

 

明確な理由が無くても、日々のストレスが

原因となって交際相手や結婚相手に感情を

ぶつけてしまうことがあるかもしれません。

相手を頼っているからこそ気持ちをぶつけてしまうのですが、

それが八つ当たりになってしまうと、

大ゲンカに発展してしまうこともあります。

 

一時のやりとりで感情を爆発させるのではなく、

冷静にイライラする原因を探ることで

解決策が見えてくるかもしれませんね。

 

相手に対するイライラが止まらない理由(2)自分の気持ちを伝えていない

2016年11月08日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

2)自分の気持ちを伝えていない

 

2回目の今日は「自分の気持ちを伝えていない」

という原因を取り上げてみましょう。

 

相手を気遣いすぎてしまうと、なかなか自分の想いを

伝えられないことはありませんか?

遠慮してしまったり、我慢してしまったり…

 

 

 

吐き出せない様々な感情を溜めこんでしまうと、

やがてそれは大きな不満となり、

相手への激しい怒りに変わっていきます。

 

「私はこんなに我慢しているのになぜ?」

「こんなに気遣っているのに、なぜそんな態度をするの?」

「私ばっかりじゃない!!!」

 

自分ばかり我慢している、という気持ちが強くなりますと、

相手と過ごしている時間がもったいなく感じてしまいます。

大切な自分の人生を無駄にしているかのように思えてしまう

こともあるかもしれません。

 

「こんなことなら、いっそのこと別れてしまった方が楽かも…」

 

こんな風に思ってしまうかもしれません。

でも、最終的な決断をする前に、あなたの気持ちを一度きちんと

伝えておくことが大切です。

一生懸命に伝えても、「え?そんな風に思ってたの?」

というように素っ気ない反応が返ってくることがあるかもしれませんし、

言い争いになってしまうこともあるかもしれません。

ここでさらなるイライラが爆発してしまうかもしれませんが、

冷静さを取り戻しながら考えてみましょう。

 

イライラしたとき、溜めこまずに自分の気持ちを伝えていたでしょうか?

しばらく経ってから「あの時は!」と怒ってしまったことはありませんか?

あなたのイライラの原因を理解してもらえるように、言葉を選びつつも

正しく伝えることはできたでしょうか?

 

何も気づいていなかったような反応や、言い返されてしまう場合は、

あなたの気持ちが相手に正しく伝わっていなかったと考える方が

良いかもしれませんね。

 

何となく空気を読んだり、その場の雰囲気を感じ取ったりすることは

努力次第で可能なのですが、心の中で本当はどのように感じているかは、

言葉に出さないと伝わらないようです。

 

あなたの気持ちを相手に素直に伝えることで、

問題を解決できるかもしれませんね。

 

 

相手に対するイライラが止まらない理由(1)コントロールしてしまう

2016年11月07日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

相手に対するイライラが止まらない理由

1)コントロールしてしまう

ブライダルカレッジの上田です。

今日は、相手に対するイライラについてのお話です。

 

交際期間や結婚生活の中で、相手に対する

「イライラ」が止まらないことはありませんか?

今回はその理由を5つのテーマに絞ってご紹介していきます。

 

1回目の今日は「コントロールしてしまう」

という問題点を考えてみましょう。

 

「相手をコントロールしてしまう」と、

どのような問題が起こるのでしょうか?

 

コントロールと「束縛」は基本的に同じものです。

あなたにとっては「アドバイス」でも、

お相手にとっては「口出し」や「指図」「束縛」

という意味で伝わってしまうことが多々あるのです。

お互いに程よい距離感を持つことで、この問題を避けられるのですが、

好きになればなるほど相手の全てを把握しておきたいと

思ってしまうものですよね。

 

交際が始まった頃や結婚して間もない頃などに、

「自分にはだらしない部分があるから、色々よろしく」

と言う男性も多いようです。

しかし、多くの場合これは「自分の行動を管理してほしい」

という意味ではないようです。

 

○毎朝起こして欲しい

○栄養面で充実した食事が食べたい

○掃除の行き届いた部屋で暮らしたい

 

このように「あなたにしてほしいこと」を

間接的に伝えるだけにすぎないかもしれません。

相手の言葉の真意を掴むのはとても難しいですよね…。

頼られた側からすれば、色々してあげなくては!

という義務感を持つことでしょう。

 

思い通りに物事が進まなければイライラしてしまいますし、

お相手に対して「ちゃんと言ったとおりにしてよ」

「いつも~なんだから!」

「何度も同じことを言わせないで!」

と言ってしまいたくなるかもしれません。

 

しかし、このような関係になってしまうと、

あなたの存在は「母親」になってしまいます。

恋人や妻ではなく「母親」になってしまうと、

ちょっとした発言も「指図された!」と感じるようになります。

母親に反抗するように、あなたにも強く反発するようになるかもしれません。

当然、喧嘩も起きやすくなりますので、ますますストレスが

溜まってしまいそうですよね。

 

相手が大人の場合には「良かれ」と思って言ったことも

意図通りに伝わりません。

相手を自分の思い通りに変えるのではなく、

「こんな風にしたらもっといいかな?どう思う?」というように、

最終段階では「相手に決定させる」、というイメージで

接しているとイライラが少なくなります。

何から何まで管理する必要はありません。

少し離れたところから見守る、助けを求められたら手を差し伸べる、

というくらい肩の力を抜いてみましょう。

上から目線にならないこともポイントですね。

 

 

結婚前の不安はありますか?(4)結婚式のことで揉めてしまう…

2016年10月22日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

4)結婚式のことで揉めてしまう…

 

4回目のテーマは「結婚式」です。

結婚式となると、両家の希望がぶつかることがあります。

また、ご本人同士の考え方の違いから喧嘩が増えてしまうことも

あるかもしれません。

 

全く問題なくスムーズに進むこともありますが、

ほとんどの場合は、費用から始まり式場の場所や招待客のことなど、

様々な場面で両家の希望やご本人同士の希望がぶつかるものなのです。

 

友人を招待する際も、どの程度の友人まで招待するのか。

幼馴染や昔からの親友だけに絞るのか、学生時代の友人も含めるのか。

職場の関係者はどの程度招待するのか。

そして、双方の親戚をどこまで招待するのか、などなど。

地域によっては、親族ではない地元のお付き合いのある方を

招待する風習が残っていることもあります。

引き出物も、伝統的な決まり事がある場合もありますし、

書き出すとキリが無いほど、色々なことを決めなくてはいけません。

招待客が決まった後も、招待状の文面、席順や演出の仕方、

新郎新婦の衣装の決定、音楽選び、など、

さらなる多くの決め事が待っています。

 

「親族のみ」を中心とした落ち着いた式にしたいのか、

「盛大に」豪華な式にしたいのか、最初の段階から双方の家族の

意見がまとまらないこともあります。

 

式を挙げなくてもいい、と考える親御さんもおられますし、

本人同士が入籍だけで良いと考える場合もあります。

 

このような時、なるべく気まずい思いをせずに前向きに

準備を進めるためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

これには、あなたにもお相手にも努力が求められますが、

一番良い方法は「妥協点」を見つけることです。

妥協点を見つけることは諦めではありません。

 

結婚式は家同士のお披露目という意味合いが非常に強いので、

両家の希望をうまく着地させ両家の間にしこりを残さないように

することが重要です。

 

子供同士の結婚を機に、新たな関係ができるわけですから、

最初はお互いの家の考え方が合わなくて当然ですよね。

 

これから結婚をするお二人にできることは、

両家が気まずくならないように

「調整役」として賢く行動することです。

 

相手の親御さんへの不満を自分の親に伝えたり、

これから人生を共にするパートナーに感情をぶつけたりしてしまうと、

状況はより深刻になりますのでご注意くださいね。

 

自分の希望だけを押し通すのではなく、お互いの考え方、

お互いの親の希望なども考慮しながら、

みんなで笑顔になれる方法を見つけられると良いでしょう。

 

結婚前の不安はありますか?(3)結婚した友人が幸せそうではない…②

2016年10月21日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

3)結婚した友人が幸せそうではない…

 

今回は「結婚」そのものが難しい問題なのか?

というポイントについてお話いたします。

 

大好きな人との結婚への気持ちが後ろ向きになって

しまうこともありますが、

実は「結婚」そのものが難しい問題ではないということです。

 

多くの方々は、自分とパートナーとの関係を見つめ直すことで、

大変な結婚生活から幸せな結婚生活へと、毎日の意識を変えて

いけることに気づけない場合が多いのです。

自分とパートナーとの関係を見つめ直すことで、

大変な結婚生活から幸せな結婚生活へと、

毎日の意識を変えていけることに気づけない場合が多いのです。

 

何か自分の方が先に経験していることがある場合、

人間は自分の経験を元にして他の誰かにアドバイスを

したくなるものです。

 

そのため、あなたがこれから結婚するというタイミングと、

自分の結婚生活がうまくいっていないタイミング、

あるいは交際が順調でないタイミングなどが重なってしまうと、

「その結婚、よく考えた?」「

本当にその人に決めて大丈夫?」

とつい言ってしまうのです。

 

反対に、幸せな結婚生活を送っている方はどうでしょうか?

 

「結婚決まったの!おめでとう!!お祝いしなくちゃね」とか、

「良かったね!!結婚ってすごくいいよ!」

と言うのではないでしょうか。

 

楽しく結婚生活を送ることができている場合、

または結婚に向けて順調に交際が進んでいる方の場合は、

自分以外の人の幸せも喜べる余裕があります。

 

辛そうな友人の姿を見てとまどってしまったあなたにできることは、

できるだけ幸せな結婚生活を送っている友人との時間をより多く持つことです。

 

結婚前の様々な不安や悩みは、幸せな結婚生活を送っている友人(や先輩)に話を聞いてもらった方が

確実な解決策が見つかります。

 

近くにそのような方が思い浮かばない場合には、プロフェッショナルの方々に悩みを聞いてもらうと

良いかもしれませんね。

 

 

結婚前の不安はありますか?(3)結婚した友人が幸せそうではない…①

2016年10月20日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

3)結婚した友人が幸せそうではない…

 

3回目は、ご友人の様子を見て不安になってしまった方からのご相談です。

「結婚した友人があまり幸せそうではないのが気になって…」

 

自分よりも先に結婚した友人が「結婚しなければ良かった…」とか

「結婚って大変よ…」と言っていたり、

そのような雰囲気を表に出していたりすると不安になりますよね。

これから結婚を控えている場合には、特に不安な気持ちを感じてしまいます。

「どうしよう…結婚を考え直した方がいいだろうか…」

「結婚の時期はもう少し後にした方がいいかもしれない…」

こんな風に結婚への気持ちが後ろ向きになってしまうこともあるかもしれません。

結婚は買い物とは違います。

商品の口コミやレビューで判断をするような、単純な性質のものではありません。

この点を考えるならば、他の人の意見や状況は、ひとつの例として捉える方が良いといえます。

 

結婚生活で悩みを抱えている人の多くは、結婚について相談を受けると、「結婚ってね…大変なものだよ。

籍を入れる前によく考えた方がいいよ」というアドバイスをしてしまいがちです。

 

結婚したことを後悔している方は特に、結婚に慎重になるようにアドバイスをしてしまうのです。

ここで一つ注意しておかなくてはいけない点があります。

 

次回「結婚」そのものが難しい問題なのか?というポイントについてお話いたします。

                                

結婚前の不安はありますか?(2)婚約後に気まずくなってしまった…

2016年10月19日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

2)婚約後に気まずくなってしまった…

2回目の今日は、「婚約後に気まずくなってしまった…」

というお悩みを解決していきましょう。

  • 婚約が決まった途端に、相手の様子がおかしくなった…
  • 結婚を決めたことを後悔しているように感じてしまう…

 

通常のお付き合いとは異なり、婚約が成立すると

「婚約者」として正式な関係がスタートします。

 

婚約期間中に問題が起こった場合には、

婚約破棄に至った際に慰謝料を求められる場合もあります。

それほど、婚約は大切な契約としての意味があるのです。

 

お相手の様子がおかしい…と感じる理由を考えてみましょう。

また、あなたはお相手に対して婚約前と同じように接しているか、

自分の行動を振り返ってみましょう。

 

「恋人」から「婚約者」になると、これまでの関係に変化が現れます。

 

人によっては急に窮屈さを感じるようになり、

結婚への不安が期待感よりも大きくなってしまうことも

あるかもしれません。

 

「これからこの人と結婚するんだ…」

と相手を見ると意識するようになるため、

婚約前とは相手の存在感が変化するのかもしれませんね。

そのような重圧から、独身前に思い切り遊んでおきたいと考えてしまい、

残念な選択をしてしまう方もおられます。

 

その結果、悲しいことに破局してしまった方々もおられました。

せっかくのご縁を無駄にしてしまうのは、あまりにも残念ですね。

 

結婚に向けて色々と書類の準備をしたり、

結婚式の計画を立てたり、

転居する場合はその準備を始めたり、

色々な作業が必要になるため、

面倒に感じてしまう方がおられるのも事実です。

 

全ての準備を整えるのは大変なこともあるでしょう。

 

しかし、新しいことを始めるときは慣れない作業で

苦労するのは当然のことと言えるかもしれませんね。

これはどんなときも同じです。

 

期待と不安が入り混じった複雑な気持ちを抱くのも、

自然なことなのです。

 

婚約後に相手との関係が変わってしまったように感じた場合は、

その気持ちをお相手に率直に伝えてみましょう。

感情をぶつけるのではなく、期待と不安があることを、

素直に、そして丁寧に伝える方が効果的です。

 

「婚約してから、なんだか緊張しちゃって…

あなたはそんな気持ちになることない?」

こんな風に話を切り出すこともできますね。

 

何かとても大きな問題があり結婚が難しくなった場合には、

一度婚約を解消することもできます。

 

しかし、まずはリセットしてしまう前に、

一度じっくりと話し合いをしてみましょう。

不安に感じるのはあなただけではありません。

安心してくださいね。

 

結婚前の不安はありますか?(1)自分は結婚に向いているのだろうか…

2016年10月17日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

結婚前の不安はありますか?

1)自分は結婚に向いているのだろうか…

「私は結婚に向いていなかった…」

「もともと俺は結婚向きの人間じゃなかったんだ…」

 

こんなことを人生の先輩方から聞いてしまうと、

不安になりますよね。

特に、結婚直前に悲しい経験談を聞いてしまうと…

「結婚するのが怖い…」

「結婚に向き不向きがあるなんて…」

「失敗したらどうしよう…」

こんな風に不安な気持ちで

いっぱいになってしまうかもしれません。

 

今回は「結婚前の不安」に焦点を当てて、

5回に分けてお送りします。

 

1回目の今日は「自分は結婚に向いているだろうか…」

というご質問にお答えしていきます。

 

結論から申し上げますと、

結婚に向き不向きはありません。

ご安心くださいね。

結婚をする前の心構え、

結婚してからの心がけで

「向いているかどうか」は

作られていきます。

 

はじめから結婚に向いている人はどこにもいないのです。

 

あなたの努力とパートナーとの協力の中で、

お二人の結婚生活が形作られます。

 

最も大切なことは「相手への思いやり」を

どんな時も忘れないことです。

たとえ喧嘩になってしまっても、

気まずいことがあったとしても、

相手への思いやりを忘れなければ、

必ず仲直りすることができます。

 

それでも、向き不向きが気になってしまう場合には、

「思いやり」をキーワードに、これまでのお付き合いや

パートナーとの関係を振り返ってみましょう。

 

自分の気持ちだけを押しつけたり、相手のことを下に見たり、

相手を困らせることで愛情を測ったりするようなことは、

今までにありましたか?

 

もしも思い当たる部分があった場合は、

少しずつ努力をして自分を変えてみましょう。

そうすることで、パートナーとの関係を

「思いやり」ある関係に改善することができます。

 

お相手がとても優しい性格だと、

つい甘えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、相手への思いやりが欠けていると、

ちょっとしたタイミングで

関係が壊れてしまうこともあるのです。

お互いの関係にはバランスが必要です。

どちらかだけに負担がかかる関係は、いつか崩れてしまうのです。

 

 

お相手を尊重する気持ちは、

幸せな結婚生活を続けるための大切なキーワードです。

人生を共に歩めることに感謝しつつ、

お互いに笑顔で新生活を始められると良いですね。

 

 

 

恋愛や結婚に消極的になってはいませんか? 自分を許し開放する・・・

2016年10月10日

 婚活イベント 幸せな出会い 幸せな結婚のためのブログです。

恋愛や結婚に消極的になってはいませんか?

自分を許し開放する・・・

過去の自分が許せない…

  • わがままを言いすぎて、いつも振られてしまう…
  • モテない自分が嫌で、恋愛に積極的になれない…
  • 結婚を焦ってしまい、別れを告げられてしまった…

過去の失敗で、恋愛や結婚に消極的になってはいませんか?

同じことが起こるのでは…と不安になっているでしょうか?

 

誰にでも失敗することはあります。

その失敗をいつまでも引きずってしまうと、

また同じ失敗を繰り返す確率が高くなります。

 

ここで簡単な例を挙げてみましょう。

 

「できない…いつも間違える…」と思いながら計算問題を解いたときと、

「前より大丈夫なはず…これならできる!」と思って解いた場合、

どちらが高い正解率になるでしょうか?

 

答えはとても簡単です。

 

「大丈夫」「できる」と思った方が、

良いパフォーマンスをすることができます!

 

恋愛もこれと同じで、

「きっと大丈夫」

「同じことは起こさない」

と決意することで、

失敗を繰り返してしまう確率を減らし、

前向きに進んでいくことができます。

 

 

過去の失敗によって、

あなたは自分の良くない部分や直した方が

良い部分に気づくことができたかもしれませんね。

 

これは大きなチャンスです。

失敗から学ばずに「大丈夫!」と思ってしまうと、

また同じ過ちを繰り返してしまうのですが、

過去の自分から成長のきっかけを学べた人は

確実に変わることができるのです。

 

過去を責めるよりも、

過去から学び、

自分を許して解放してあげましょう。

 

  • わがままを言いすぎてしまった…と思う方は、「愛されるワガママ」と「嫌われてしまうワガママ」の違いを知っておくと、今後に活かせますね。※ステップメールがオススメです。
  •  あなたのわがままを可愛く変える5日間の無料レッスンの購読申し込みはこちら
  • モテない…と悩んでおられる方は、自分に自信が持てるように、色々ことを試してみましょう。得意な部分や自分のアピールポイントを知り、それらを伸ばすことで欠点をカバーすることもできます。
  • 結婚を焦ってしまう…と不安に思っている方は、自分が結婚に何を求めているか。どのような結婚生活が理想なのか。一度じっくり考えてみましょう。結婚に積極的なお相手を見極めることも大切になります。

 

過去の失敗はあなたを確実に成長させてくれます。

 

しかしそのためにはまず、過去から自分を解放して

「自分を好きになること」が必要です。

 

「私は変われる!」と強い希望を持ちながら、

新しい恋愛に挑んでいきましょう!

 

  • ご予約はこちらから