夫婦円満の秘訣

新婚なのに…なぜ?(3)この結婚…失敗だったかも…

2016年11月01日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?

3)この結婚…失敗だったかも…

 

3回目は少し深刻なお悩みです。

「この結婚…失敗だったかも…」

こんな風に悩んでしまう方がたまにおられます。

 

夫婦間で起こる多くの問題は、謝ればすぐに仲直りできるようなこと、話し合えば理解し合えること、時間が経てばだんだんと慣れていくこと、などかもしれません。

これらはお互いの努力で改善できることが多いでしょう。

 

夫婦間のコミュニケーション不足については、カウンセラーの方々の助けを求める方法があります。

欧米では、夫婦カウンセリングはごく一般的なものとして捉えられています。

 

「最近喧嘩が絶えない…」「最近夫婦らしさが感じられない…」というような悩みを抱えたときは、「週末、カウンセリングに行きましょう!」というように自然な流れで利用する方も多いようです。

 

二人だけで話し合うと感情的になってしまうことも、専門家が介入することで円滑な話し合いを進めながら解決策を考えることができそうですね。

しかし、心身の健康が脅かされるような内容の場合には注意しなくてはなりません。

家庭内暴力などの問題、金銭面での問題、第三者を巻き込んだ揉め事、などは簡単に解決できるものではありません。

結婚後、残念ながら大きな問題に直面する場合もあります。

もちろん、そのような問題に直面せず幸せな暮らしを維持できれば良いのですが、お二人のどちらかが直接的な原因でなくても、運悪く何らかの問題に巻き込まれてしまうこともあります。

 

一人で、あるいは家庭内で抱え込んでしまうと状況は悪化してしまいますので、必ず誰かに助けを求めるようにしましょう。

 

夫婦間の問題で最近よく話題になる「モラハラ」という言葉がありますが、「~ハラスメント」とされることの多くは「相手がどう感じたか」「相手にどう思わせてしまったか」にあるのが特徴と言われています。

 

相手の反応を読み取る努力をせずに一方的な感情で発言したり行動したりすると、それが相手にとってハラスメントとなります。

男性側だけでなく、女性側も加害者になることがあります。

あなたが嫌だと感じることを相手がしていないか。相手が嫌だと感じることをあなたはしていないか。よく振り返ってみましょう。

「2人で生きていく」という選択を公に宣言したのですから投げ出さずに努力したいと思うのは当然のことですね。

 

しかし、解決が難しい重大な問題がある場合には、限界になるまで待たずに、お互いのためにも離れる決断が

必要なことがあります。

それは失敗ではなく、後々経験として、あなたを大きくしてくれます。

一人で悩まずに、まずは信頼できる専門家に相談してみるのはいかがでしょうか。

お悩みが解決するようにお祈りしています。

 

新婚なのに…なぜ?(2)相手が魅力的に見えない…

2016年10月31日

婚活イベント 幸せな出会い 結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?2)相手が魅力的に見えない…

 

2回目は、「結婚相手が魅力的に見えない…」というお悩みをご紹介します。

 

大好きで結婚したのに、なぜか相手の魅力が半減してしまったように感じてしまう…

 

その原因はどこにあるのでしょうか?

結婚前と結婚後を比較することで、理由が分かることがあります。

例えば…

①デートの回数が減った

②会話が減った

③お洒落をしなくなった

④相手のだらしない一面を見てしまった

⑤結婚前に言っていたことと違う部分がある

このような状況は無いでしょうか。

お相手の魅力が感じられなくなってしまった…

もう好きではないのかもしれない…

こんな風に思ってしまうかもしれませんが、心配はいりません。

あなたはお相手のことが嫌いになったわけではないからです。

結婚前と結婚後では状況が変わります。

結婚の手続きを済ませるまでは緊張しているので、無事に届けを出すこと、あるいは結婚式を成功させることだけに集中しているかもしれません。

 

両家の顔合わせや挨拶という緊張もありますし、小さなことは気にならない時期でもあります。

しかし、そのような緊張感を伴うイベントが無事に終わり、夫婦として二人だけの世界が始まると、今まで知らなかった新たな情報が入ってくることがあります。

 

①休日は家でゆっくりするのが好き(あまり出かけるのが好きではない…)

②読書など一人でする趣味が色々ある(一人にしてほしいときがある…)

③部屋着でゴロゴロしている時間が好き(気合いを入れて出かけるのは疲れる…)

④毎日の片づけは苦手(おうちデートのときだけは片づけるけど…)

⑤結構神経質な部分がある(あまり気にしないタイプと言っておいたけど…)

上記に挙げた内容は、最初に挙げた「あれ?何か魅力がなくなった…なぜ?」と思ってしまう内容の番号(①~⑤)に対応しています。

 

交際期間中、多くの人はしっかりとデートの時間を確保しますし、「最高にステキな状態で会いたい!」と身だしなみやお洒落にも気を遣うことでしょう。

 

少しでも自分のことを良く見て欲しいと思う願いが強くなりすぎて、苦手なことも得意だと言ったり、少し話を大きく伝えてしまうこともるかもしれません。

 

しかし、そのような「気合い」や「見栄」がキレイに取れた時、本当の相手の姿が見えてきます。

これが結婚後に入ってくる新たな情報なのです。

 

今感じている気持ちは、この情報を整理するまで続きます。

ですが、「誰も知らない相手の一面を知っている」と考えると、意外と色々と許せるようになりますよ。

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

新婚なのに…なぜ?(1)喧嘩ばかりしている…

2016年10月26日

婚活イベント 出会い  恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

新婚なのに…なぜ?

1)喧嘩ばかりしている…

 

今回は新婚生活のお悩みを5回に分けてご紹介していきます。

1回目の今日は、「喧嘩ばかりしている…」という「なぜ?」を考えてみましょう。

 

結婚前に同棲していたカップルも、結婚を機に共に暮らすようになったカップルも、必ずといっていいほど、「新婚なのに…」を経験します。

その一つが「喧嘩」です。

すぐに仲直りできる程度の喧嘩から、なかなか仲直りができず数週間会話がなくなってしまったり、実家に帰ってしまったり…程度の差こそあれ、どんな方も同じような悩みを経験するものです。

では、喧嘩ばかりしてしまう原因はどこにあるのでしょうか?

なぜ喧嘩になってしまうのか、分析してみることが解決への近道ですね。

  • 生活習慣
  • 食事の好み
  • 家事分担

よくあるお悩みをリストにしています。

これ以外にも、喧嘩の原因はあるかもしれません。

今回は特にこの3つに絞って考えてみましょう。

 

上記に挙げたもののうち,「生活習慣」や「食事の好み」は、少しずつ合わせていくものですので、良い意味での諦めが必要です。

 

どうしても喧嘩になってしまいそうなときは、自分のスタイルを押し通そうとせずに、相手の希望も聞きながら二人で新しい家庭のスタイルを作っていけるような意識を持ちましょう。

 

結婚する前は気にならなかったことも、結婚を機に急に気になってしまうことがあります。

お互いへの責任や期待が増えた分、気になることが増えるのは当然のことですよね。

 

では、「家事分担」についてはどうでしょうか?

家事がとても得意な男性も中にはいらっしゃいますが、大抵の場合は女性の方が得意な場合が多いですよね。

お互いの得意な部分を活かして分担を決めることもできますが、まずは大らかな気持ちで始めてみましょう。

例えば、食器洗いやゴミ出しを男性の担当と決めた場合、人によっては、「食器の洗い方が気に入らない…」とか「ゴミ出しをいつも忘れて出勤してしまう…」などの不満が溜まる方も多いようです。

 

担当を決める方法もありますが、厳密にルール化してしまうとお互いに苦しくなり喧嘩も増えやすくなります。

 

担当ではなく「お手伝い」をしてもらうイメージでいると、ストレスも少なくなります。

 

「片づけを手伝ってもらえる?」とか「ゴミ出しの日だから一緒に行こう!」というように、参加を促し、お手伝いしてもらった後は「すごく助かっちゃった!ありがとう」と感謝を述べると効果的です。

 

喜んでもらえることは、ついついしてあげたくなるのが人間です。

その心理をうまく引き出してみましょう!

喧嘩をしてしまった後は、仲直りを忘れないようにしてくださいね。

 

幸せな夫婦でいたい、パートナーと仲良くなりたい方へ・・・

いつまでも仲良しでいる方法(5)小さな贈り物を忘れない

2016年09月06日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いつまでも仲良しでいる方法

(5)小さな贈り物を忘れない

 

5回目は「小さな贈り物を忘れない」

というポイントです。

 

贈り物と聞くと、どんなものを

思い浮かべるでしょうか?

 

ここで言う「贈り物」とは、

何かの品物を指しているわけではありません。

誕生日や記念日にお互いにプレゼントを

贈りあうことも素敵ですが、

今回ご紹介する小さな贈り物は、

日常のあらゆるシチュエーションで

お相手に渡すことが可能です。

 

ここでは2つの「贈り物」を

ご紹介したいと思います。

 

1つ目は「感謝」の贈り物です。

1回目の記事で「感謝の気持ちを持ち続ける」

という点をご紹介しましたが、

それとも関連しています。

日常生活で、お相手がいてくれることに感謝すると、

どんなことでも自然と

ありがとう」という言葉が出てきます。

 

この言葉をきちんとお相手に伝えることは、

それだけでもとても素敵な贈り物になります。

 

 

たまには雰囲気を変えて、

小さなメモに感謝の言葉を書いて渡すこともできます。

夜食や差し入れにメモを添えることもできます。

少しずつ工夫をして変化を加えながら、

毎日欠かさず「感謝」の贈り物を

届けてみるのはいかがでしょうか?

 

2つ目は「愛情」の贈り物です。

 

「大好き」「愛してる」という言葉を、

お相手に伝えているでしょうか?

日々の愛情表現は足りていますか?

「最近少し足りていないかも…」

こんな風に思われた方は、

今日すぐにでもお相手に

あなたの気持ちを伝えてみませんか?

 

愛されているという感覚は、

満足感や幸福度とも強い関わりが

あると言われています。

必要とされている気持ち、

とも似ていますよね。

 

人間関係においては「言わないと分からない」

ことがほとんどです。

しかし、これが恋愛や結婚生活の場面になりますと、

「言わなくても分かるはず」と変わってしまうのです。

 

愛する気持ち、大切に想う気持ちを

しっかりとお相手に伝えて、

毎日幸せな感覚をお届けするのは

いかがでしょうか?

 

 

言葉の贈り物は、あなたが思うよりもずっと深く、

お相手の心に響いています。

 

温かな言葉の積み重ねによって、

お二人の関係はこれまで以上に、

とても強い絆で結ばれていくことでしょう。

 

「ずっと仲良しでいたい」

という意識を持ち続けて行動することで、

毎日、穏やかに笑顔で過ごすことができそうですね。

 

 

いつまでも仲良しでいる方法(4)一緒に過ごす時間を作る

2016年09月02日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いつまでも仲良しでいる方法

(4)一緒に過ごす時間を作る

 

4回目は「一緒に過ごす時間を作る」

ということについて考えてみましょう。

 

 

一緒に過ごす…と言っても、

お仕事が忙しかったり

お休みが合わなかったりすると、

なかなか時間の見つけ方が

難しいかもしれませんね。

せっかく時間を見つけても、

急な用事が入ることもあるかもしれません。

 

改めて「おでかけ」と考えますと、

準備も大変ですし予定を合わせるのも

大変かもしれません。

 

しかし、ちょっとした「隙間時間を一緒に」

過ごすと考えてみると、

意外と多くの時間が見つかることは無いでしょうか。

 

・10分だけ、たまたま合えそうなタイミング

・朝の出勤前の5分

・寝る前の5分

 

ほんの少しの時間でも、

二人で会話できる時間を見つけてみましょう。

 

物理的な距離がある場合は、

電話で話をするだけでも良いですし、

ネットの無料サービスでテレビ電話を

楽しむこともできます。

 

二人で過ごせるタイミングを大事にするだけで、

一緒に過ごす時間がどんどん貯金されていきます。

 

そこには二人だけの思い出も

たくさん詰まっていくものなのです。

 

ここである女性のお話をご紹介したいと思います。

 

その方は「おでかけ」へのこだわりがとても強く、

話題のカフェや旅行スポット、

予約の取りにくいレストランなどを

恋人と利用することに、交際の価値を見出していました。

 

一方でお相手の男性は自宅でゆっくりと

過ごす時間を楽しむ方でした。

 

比較的仲の良いお二人でしたが、

交際期間が長くなるにつれて、

彼女の「おでかけ」ルールに疲れてしまった男性側が

別れを切り出してしまったそうです。

 

そのお二人は残念な結果になってしまいましたが、

一緒に過ごす時間の「かたち」にこだわりすぎず、

二人で過ごす時間を大切にしていれば、

もう少し順調に関係を継続できたのかもしれませんね。

 

どこかに出かける場合でもそうでなくても、

二人で過ごせる時間に感謝しながら、

コミュニケーションを大切にしてみましょう。

 

会話が増えることで、

お互いのことをもっとよく知ることができます。

 

二人で過ごす時間の「かたち」にこだわるのではなく、

二人で時間を共有するという意識を持てると

ずっと「仲良し」でいられるのかもしれませんね。

 

 

いつまでも仲良しでいる方法(3)相手のことを尊重する

2016年09月01日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いつまでも仲良しでいる方法

(3)相手のことを尊重する

 

3回目は「相手のことを尊重する」

という点について考えていきたいと思います。

 

お付き合いが長くなると、相手のダメなところも

沢山見えてくることがあります。

 

もっとこんな風にすれば効率が

    良いのに…!

・なんでいつも同じ失敗をするのかしら…?

・代わりに私がやった方が確実だわ!

・どうして分からないのかしら!!

 

テキパキとお仕事や日々の作業をこなせる方であれば、

余計に、お相手の行動がいちいち気になって

イライラしてしまうこともあるかもしれません。

 

こんな時、直接お相手に

「だから言ったじゃない!」

と言ってしまうことはないでしょうか。

 

これを言ってしまうと、

男性がとても傷ついてしまうことを

ご存知でしょうか?

 

男性はどんな方にもプライドがあるそうです。

誰にでも優しくすぐに謝ってしまう癖がついている方でも、

実は非常にプライドが高い場合もあります。

 

何気なく言ったことが、

取り返しのつかない発言となり、

お相手のプライドを

傷つけてしまうこともあるのです。

 

相手がしていること

・相手が考えていること

・相手が持っているもの

 

色んな面でお相手を尊重する

忘れないようにしましょう。

 

お相手の決断が間違っていると思える場合は、

時間をかけてきちんと話し合うことも大切です。

 

そんな時も、

「こういう考え方もあると思うのだけど、どうかしら?」

と控えめに、お相手を尊重しながら提案するように心がけたいですね。

 

2回目に「価値観」についてご紹介しましたが、

今回も自分の考え方を相手に押し付けないように

意識する点では共通しています。

 

「お相手を尊重する」ということは、

お相手の考え方を否定しない

という意味も含まれています。 

 

 

何か悩んでいるときも、

求められる前にアドバイスをしないように、

少し我慢する時間も必要です。

 

お相手から「どうしたらよいかな?」と言われたら、

その時はあなたの考えを

お伝えするのも良いでしょう。

 

お相手を尊重する気持ちを

忘れないようにしたいですね。

いつまでも仲良しでいる方法(2)自分の基準を押し付けない

2016年08月31日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いつまでも仲良しでいる方法

(2)自分の基準を押し付けない

2回目は「自分の基準を押し付けない」という点について考えてみましょう。

お二人が出会う前のことを考えてみましょう。

 

昔からの友人とお付き合いすることになった方も、学校や職場での出会いでお付き合いが始まった方も、出会いの場で意気投合した方も、全ての皆さんに当てはまることがあります。

 

それは、お二人がお付き合いを始める前の長い年月です。

お付き合いが始まるまでは、それぞれが別々の時間を過ごしていました。

育った環境も違えば、家族構成も違うかもしれません。

十人十色という言葉にも示されている通り、10人いれば10通りのそれぞれの人生があるということなのですね。

 

そして人間の価値観というものは、生きている間の様々な経験を通して徐々に形作られていきます。

時間が経てば経つほど、自分の中でのルールというものが確立してきます。

お付き合いを始めても結婚をしても、お互いがそれぞれ独立した別々の人間であることには変わりありません。

自分が長年かけて形成した基準はとても大切なものですが、それを相手への相談無しに、無理に押し付けるようなことがあると、必ずと言っていいほど衝突してしまいます。

 

うまく価値観の擦り合わせができないことが原因で、「~しなきゃダメなのに!」「~してくれないと嫌いになる!」「~じゃないと別れる!」というように、非常に感情的になってしまう方も大勢おられます。

そうしますとお相手側は…

・何でも勝手に決めないで欲しい

・一人にして欲しい/自由な時間が欲しい

・監視しないで欲しい/束縛しないで欲しい

こんな風に拒否反応を示してしまうかもしれません。

自分の基準を相手に押し付けて、自分の思う通りに行動するように要求することが続くと、お互いに息苦しくなってしまい、残念ながら別々の道を歩みたいと考えてしまうことさえあります。

 

そんな結末にならずに、いつまでも仲良しでいるための方法はあります。

お互いの価値観による衝突を避けるためには、きちんと二人だけで話し合い、お互いの中で「絶対に守りたいこと・譲れないこと」「大切にしたいこと」などを擦り合わせていくプロセスが必要です。

 

最初はイライラしてしまうかもしれませんが、話し合いを上手に重ねることで、二人だけの新たな価値観を作り上げることができますね。

 

 

ずっと笑顔で幸せな結婚を続けたい方は・・・

いつまでも仲良しでいる方法(1)感謝の気持ちを持ち続ける

2016年08月30日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

いつまでも仲良しでいる方法

(1)感謝の気持ちを持ち続ける

何年経っても仲の良いカップルやご夫婦を見かけると、羨ましいな~と思うことはありませんか?

高齢のご夫婦が仲良く手を繋ぎながら散歩をしている姿を見かけると、あんな風に年を重ねられたらいいのに…と思うことはないでしょうか?

今回は「いつまでも仲良しでいる方法」について5回に分けて考えていきましょう!

 

1回目の今日は「感謝の気持ちを持ち続ける」というものです。

長い間一緒に過ごしていると、お相手のしてくれたこと、お相手が言ってくれること、様々なことが当たり前になってしまうかもしれません。

当たり前、~してくれて当然、という気持ちが強くなってしまうと、お相手に対する感謝の気持ちが薄れてしまうことがあります。

いつまでも仲良しでいるためには、「感謝の気持ち」をあらゆる場面で示すことも必要です。

荷物を持ってくれたら…

「いつもありがとう!」

身体を気遣ってくれたら…

「心配してくれてありがとう!」

ご飯を美味しいと褒めてくれたら…

「いつも味の感想を伝えてくれてありがとう!」

 

どんな時でも、「ありがとう」お相手に伝える意識がとても大切です。

 

感謝されると、次もやってあげよう、喜んでもらえるように頑張ろう、と思うのが自然な反応ですよね。

あなたの「ありがとう」がお相手にたくさん伝わると、お相手もそれに応えるようにして、あなたに対する愛情を示してくれるようになります。

お二人の気持ちのやりとりの相乗効果で、ますます仲良しになれそうですね。

ほんの少しのことでも、「ありがとう」と伝えられそうなことを探してみるのも良いでしょう。

 

 

感謝の心がお二人の間でいっぱいになれば、自然と毎日、笑顔に包まれそうですね。

 

品のある魅力的な女性の特徴(5)周りに合わせて無理をしない

2016年08月29日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

品のある魅力的な女性の特徴

(5)周りに合わせて無理をしない

5回目の最後は「周りに合わせて無理をしない」というポイントについて考えてみましょう。

品のある魅力的な女性は、自分をしっかりと持っており、自立しています。

誰かに依存したり、無理して合わせたりすることはありません。

「凛とした姿」にも近いかもしれませんね。

大人として自立した考えを持つことは、周りに流されない上で非常に重要です。

周りに合わせないことと、自分の考えを押し通すのとは少し違いますので注意は必要です。

周りの空気を読みつつ、自分の意見をしっかり表明できることは、とても難しいことかもしれません。

何となく、「じゃぁそれで…」と思ってしまうことも多いかもしれません。

それでも、こんな調査結果を目にすると考えは少し変わるかもしれません。

 

魅力的な女性像についての複数のアンケート結果を見てみますと、「自分の意見を言える女性」の方が、「何でも言うことを聞いてくれる女性」よりも、より魅力的に感じるという男性の意見が目立っていました。

 

 

何でも合わせてくれる女性は、結局のところ、どのような考えを持っているのか理解しづらいため、お付き合いから結婚までにたどり着きにくい傾向があるようです。

一方で、自分の意見を言える女性は、何を求めているのか、どのような考えを持っているのか、を理解しやすく、関係を深めやすい傾向があるようです。

 

お一人お一人の性格もありますので、人前で自分の意見を言うことに抵抗がある方もおられることと思います。

 

しかし、大勢の前では難しくても、好きな方、大切な方の前では、自分の意見をしっかり言えるようになると良いですね。

 

5記事にわたって、「品のある女性」の姿について考えてきました。

裕福な家で育っても、品の無さが目立ってしまう方がおられます。

一方で、少し大変な幼少期を過ごしていても、品を身に付けて魅力的に活躍しておられる方もおられます。

「品の良さ」はお金とは関係ありません。

また、お金で買えるものでもありません。

どんな状況でも自分で意識できれば、自然と身に付くものなのです。

「品のある魅力的な女性」になって、大切な方の心を鷲掴みにしてしまいましょう!

 

結婚相手に求めることは何ですか?(3)食事の好みが合うこと

2016年07月30日

婚活イベント 出会い 恋愛 幸せな結婚のためのブログです。

結婚相手に求めることは何ですか?

(3)食事の好みが合うこと

 

3回目は「食事の好みが合うこと」について

考えていきましょう。

 

お相手との味覚がピッタリ合うということは

奇跡に近いかもしれませんが、

一緒に食事をする回数が増えるにつれて、

お互いの「食の好み」が分かるようになります。

 

お相手と同じ食べ物を無理して好きになったり、

食べられないものを我慢して食べられるようにする必要はありませんが、

「食」に対する気遣いは、お互いに実践できるポイントです。

 

例えば…

  • 食事を作るときに、少しだけ相手の好きな味付けを意識してみる。
  • 相手の実家の味を勉強して、普段に少し取り入れる。
  • お互いが食べたいものがあるお店に出かける。

 

最初は同じものを同じように楽しむことができなくても、

共に時間を過ごしながらお互いを観察するうちに、

「食の好み」が理解できるようになります。

 

ここで「カレー」の味付けを例に挙げてみましょう。

甘口・中辛・辛口と、大きく分けると3種類ありますが、

カレーは育ったご家庭の味が強く出るお料理なので、

好みを合わせるまでには少し時間がかかることがあります。

時には努力が必要かもしれません。

 

では、甘めが好きな方と辛めが好きな方が一緒に食べたい場合、

どちらに合わせた方が味の調整をしやすいでしょうか。

甘めにしておいて、後で辛い物を足す。

 

辛く作った後で辛さを和らげるトッピングをする。

あるいは、画期的なカレーのレシピを二人で考えてみる、

と言ったこともできるかもしれません。

 

 

「食の好み」は合うものではなく、合わせていくものです。

大抵の場合は時間をかけて二人の味を作っていく必要があります。

 

協力しながら、二人だけの「家庭の味」が仕上がっていくうちに、

お互いの「食事の好みが合う」という感覚に変わっていくことでしょう。

 

少しずつ、二人の味を作っていけたら素敵ですね。

 

 

  • ご予約はこちらから