結婚生活が楽しく感じられない理由(4)お互いの求めているものが違う

2018年02月24日
Pocket

第4回目は「求めているものが違う」というテーマで考えていきましょう。

 

あなたはパートナーとどのような関係を望んでいますか?

・できるだけ一緒に過ごしたい…

・いつでも相手のことを考えていたい…

・スキンシップもできるだけしたい…

・愛しているという言葉を毎日でも聞きたい…

こんな風に考えておられる方は、相手との距離が近ければ近いほど満足できます。

その一方で、全く逆のタイプもいることも知っておくと良いでしょう。

・一人で過ごす時間を大事にしたい

・相手との距離は適度に保ちたい

・できるだけメールやLINEで用事を伝えたい

・ベタベタする関係は苦手なので控えたい

 

こんな風に考える方もおられます。

ご夫婦で「求めているもの」が大きく違う場合は、それ自体が結婚生活を楽しく感じられない原因になっています。

スキンシップが苦手な方もいれば、スキンシップが無いと不安になる方もおられますし、いつでも触れあっていたいという方もいる一方で、そんなにベタベタしたくない、と思う方もおられます。

これはお付き合いしている段階では気づかないことがあります。なぜなら、交際中はお互いに良い部分を見せようとしてしまうため、心の奥底にある本当の気持ちを伝えられない場合が多いからです。このことが、結婚後に「実は○○だと分かった…」というケースを多くしている原因でもあります。

 

これも話し合いによって「妥協点」を見つけていくことが大切です。お互いに異性として見て、たまにはドキドキできるシチュエーションを探すことも役立つかもしれません。

身体的なコミュニケーションは非常に大切ですが、結婚生活はそれだけではありません。

年を取って残るのは、肉体的な欲求よりも精神的な充足かもしれませんよね。

 

一番大切なことは、「笑顔でいられること」。そして、「一緒にいて楽しいと思えること」なのではないでしょうか?お互いにどんな結婚生活にしていきたいのか、話し合ってみると解決に一歩ずつ近づいていけることでしょう。時にはカウンセリングの力も借りながら、素敵な関係を築いていけると良いですね。

  • ご予約はこちらから
  • メルマガ「幸せ婚通信」のご登録はこちらから