結婚生活が楽しく感じられない理由(2)ときめきが足りない

2018年02月12日
Pocket

第2回目は「ときめきが足りない」というケースについて考えてみましょう。

 

人間って不思議なものですよね…相手のことがたまらなく好きで結婚したのに、月日が経つとともに少しずつ飽きてきてしまう…。そんなときに誘惑があると、ふらっとしてしまうことがあるかもしれません。

  • 刺激に慣れて飽きてくる自分に気づく…
  • 新しい刺激を求めて、外に目がいってしまう…
  • 仮面夫婦なんていう表現もよく聞くぐらいだし…
  • 夫婦の事は外からは分からない…うちも同じ…

このようなお悩みは本当に多いんです。

 

 

今悩んでおられる方は、自分を責めないでください。なぜなら、「慣れて飽きる」のは当たり前のことだからです。ですが、「慣れ」の部分を工夫すれば飽きることは少なくなります。

夫婦関係における「慣れ」や「刺激不足」の原因はたくさんあります。

  • 些細なすれ違い ●ちょっとした誤解 ●愛情が冷める何らかの出来事

このようなマイナス面が蓄積されてしまうと、やり直しは難しくなります。

「一緒にいるより別れた方がお互いのため」と思ってしまうことも少なくありません。

 

あなたが飽きてしまった様子は、おそらくお相手にも伝わっています。そしてお相手も同じように「慣れて飽きた」状態になっているかもしれません。しかし…できることならば、夫婦関係を修復したいと思われているのではないでしょうか?

「やり直したい…関係を良くしたい…」

そんな気持ちが残っているならば、あなたから行動してみませんか?

 

◇楽しませてもらう、よりも「楽しませてあげる」

◇してもらう、よりも「してあげる」

◇相手待ち、よりも「自分から」

自分の気持ちを察してもらえるのを、ただじっと待つよりも、自分から行動して相手に働きかけることで、前向きな気持ちを取り戻せます。

 

そしてもう一つ忘れてはいけないことは「平凡な毎日」は「穏やかで平和な毎日」である、という真実です。安定した毎日は、実はとても「幸せ」なものです。毎日ドキドキ・ハラハラしていては疲れてしまうからです。たまにちょっとした刺激があれば、お料理のスパイスと同じで、全体が引き締まります。ほんの少しのスパイスになるような出来事を見つけてみるのはいかがでしょうか?夫婦関係を改善するためのきっかけになることでしょう。

  • ご予約はこちらから